カワラケツメイの花を初めて見たのは、2018年9月9日で、
場所は多摩丘陵で見ることができた。

カワラケツメイの花は晴れた日でないと花が開かない。
やはりある一定の時間が過ぎてしまうと、花が閉じてしまう。

カワラケツメイの花は明るい黄色であるが、
花そのものが7mmと小さくて、植物観察していないと見過ごしてしまう。
カワラケツメイの葉を見ていると、やはりマメ科の仲間なんだなという
特徴がうかがえる。

2019年9月8日に、千葉県山武市を訪れたときには、
昼前であったせいかカワラケツメイの花が少し閉じかかっていた。

 カワラケツメイ(カワラケツメイの花 2019年9月8日撮影)

カワラケツメイの葉(カワラケツメイの葉)

スポンサーリンク

カワラケツメイ(マメ科)花期8~9月
分布 本州・四国・九州
決明はハブ茶にするエビスグサの漢名。
河原や道ばたなどに生える高さ30~60cmの多年草。
葉は偶数羽状複葉で、葉柄の上部に蜜腺※がある。
小葉は15~35対で先はとがる。
花は黄色で直径約7mm。
雄しべは4個。
豆果は長さ3~4cm。
花言葉は「自由」
(山渓ハンディ図鑑 野に咲く花参照)

※蜜腺とは被子植物で蜜を分泌する器官あるいは組織をいう。