オオフタバムグラの花を紹介しています。

オオフタバムグラの花を初めて見た日

オオフタバムグラの花を初めて見たのは、2023年8月12日に、神奈川県茅ヶ崎市・ヘッドランド付近で見ることができた。

オオフタバムグラの花(オオフタバムグラの花)

オオフタバムグラの名前の由来

オオフタバムグラの名前の由来は、草の高さや葉っぱが、同じ仲間のフタバムグラより大きいところから名付けられた。

オオフタバムグラの生えている場所

オオフタバムグラの生えている場所は、自分が見た限りでは、海辺の砂地に群生して生えているのを確認することができた。

メリケンムグラとの違い

厄介なのが、同じ仲間のメリケンムグラの花にかなり似ていて、判別するのが難しいと感じる。

違いはまず花の色

  • メリケンムグラ 白色
  • オオフタバムグラ 淡い紅色

メリケンムグラの花(参考 メリケンムグラの花)

オオフタバムグラの花(オオフタバムグラの花)

また生えている場所にも違いがあり、

  • メリケンムグラ 日当たりのよい湿った草地
  • オオフタバムグラ 日当たりのよい乾いた砂地

両者の違いは、花の色を見て、生えている場所を確認すれば、間違えることは無い

メリケンムグラの記事はこちらからどうぞ

オオフタバムグラを見た経験談

2023年8月12日、ハマニガナの花を探しに、神奈川県茅ヶ崎市・ヘッドランド付近を訪れた。
ヘッドランド付近のサイクリングコースに入った途端、メリケンムグラに似た花が目に入る。
近づいてみると、花が淡い紅色で、葉っぱは細いことから、もしかしたらと頭をよぎったが、名前が出てこなかった。

自宅に帰宅して、図鑑・「山渓ハンディ図鑑 野に咲く花」を見ると、被写体の特徴が、オオフタバムグラと一致したので、オオフタバムグラの花であることがわかった。

オオフタバムグラの花(オオフタバムグラの花)

オオフタバムグラの葉(オオフタバムグラの葉)

オオフタバムグラの花を初めて見たとき、パッと見て、メリケンムグラの花によく似ている。
しかし、花の色が全く違うことから、容易に判別できる

オオフタバムグラの花(オオフタバムグラの花)

オオフタバムグラの花を初めて見ることができて、最初は感動を覚えた
しかし、ヘッドランド付近のサイクリングコース一帯は、オオフタバムグラが群生していたことに、感動を通り越して呆れてしまった。

オオフタバムグラの群落(オオフタバムグラの群落)

オオフタバムグラの花はかなり小さいので、可愛い印象を受ける(花の大きさは4~6mm)

オオフタバムグラの花(オオフタバムグラの花)

オオフタバムグラの花は、ヘッドランド付近のサイクリングコース一帯にたくさん咲いていたので、被写体に困ることなく撮影することができた。

オオフタバムグラの花(オオフタバムグラの花)


スポンサーリンク

オオフタバムグラ(アカネ科)花期7~8月
北アメリカ原産
北アメリカ原産の1年草。
東京で最初に見つかり、現在は各地に見られるが、あまり多くない。
海岸や河原の乾いた砂地に生え、高さ10~50cmになる。
葉は対生し、長さ1~3.5cm・幅2~4mmの線状披針形で、先端はトゲ状に短くとがる。
葉の両面には、かたくて短い毛があって、ザラつく。
特に葉の縁の毛はトゲ状でザラザラする。
葉腋(ようえき)に白色または淡紅色の小さな花を2~4個ずつつける。
ちなみに葉腋とは、茎や枝で、葉の付け根のすぐ上の部分をいう。
果実は長さ3~4mmの倒卵形。
先端に萼(がく)が残る。
ちなみにとは、雄しべと雌しべを囲んでいるものが二重になっているもので、外側にあるものをいう。
(山渓ハンディ図鑑 野に咲く花参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村