ホソバオグルマの花を紹介しています。

ホソバオグルマの花を初めて見た日

ホソバオグルマの花を初めて見たのは、2022年7月30日で、場所は栃木県栃木市の渡良瀬遊水地で見ることができた。

ホソバオグルマの花(ホソバオグルマの花)

ホソバオグルマの名前の由来

ホソバオグルマの名前の由来は、まずオグルマについては、きれいに並んだ黄色の舌状花を小さな車に見立ててところから名付けられたとされている。

またホソバは、漢字表記は「細葉」なので、細い葉っぱの姿から名付けられたと考えられる。

ホソバオグルマの生えている場所

ホソバオグルマの生えている場所は、自分が見た限りでは、川辺近くの日当たりのよい場所に群生して生えているのを確認することができた。

オグルマとの違い

厄介なのが、名前が被っているオグルマとは花がかなり似ていて、判別に迷ってしまう。
違いはまずは葉っぱの幅の違いで、オグルマは1~3cmあるのに対して、ホソバオグルマは0.6~1cmと名前のとおり細い。

ホソバオグルマの葉(ホソバオグルマの葉)

オグルマの葉(参考 オグルマの葉)

また花の大きさにも違いがあり、オグルマは3~4cmであるのに対して、ホソバオグルマの花は1.8~2.5cmとこじんまりとしていて小さい。

オグルマの花(参考 オグルマの花)

ホソバオグルマの花(ホソバオグルマの花)

オグルマの記事はこちらどうぞ

ホソバオグルマを見た経験談

2022年7月30日にホソバオグルマの花を目当てに、栃木県の渡良瀬遊水地を訪れた。
群馬県の板倉東洋大駅近くのわたらせ自然館で、自転車を借りて遊水地へ向かった。

自転車で走っていても渡良瀬遊水地が広すぎて、ホソバオグルマの生えている場所を探すのが大変であった。
自転車で走っている途中に、黄色の花がたくさん咲いているのが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ホソバオグルマの花が咲いているのを確認することができた。

ホソバオグルマの花(ホソバオグルマの花)

ホソバオグルマを初めて見て思ったことは、オグルマよりは草の高さが高いと感じた。
また自分が思っていた以上に、ホソバオグルマの花の株数があることにビックリした。

ホソバオグルマは野焼きして、手入れの行き届いた場所にしか生息することができず、都道府県によっては絶滅危惧種に指定されている。
さらにオグルマの花を見たときもそうだが、ホソバオグルマの花の大群落を見ると、食べ物の錦糸卵に見えてしまう。

オグルマの花を見たときもそうだが、ホソバオグルマの花を見るときは、平地の陽気はかなりの猛暑なので、暑さを覚悟をしないと見ることができない。

ただホソバオグルマが関東地方と九州地方の隔離分布なので、花を見ることができて感動し、被写体を10枚以上撮影した。
その後はあまりにも暑いので、自転車で一目散に去った。
無事ホソバオグルマの花を撮影することができた。

ホソバオグルマの花(ホソバオグルマの花)

ホソバオグルマの花の群落(ホソバオグルマの花の群落)


スポンサーリンク

ホソバオグルマ(キク科)花期7~10月
分布 本州(関東地方)・九州
絶滅危惧Ⅱ類(VU)

草の高さ20~60cmの多年草。
葉は互生し、線形~線状披針形で、長さ5~10cm。
根元の葉や下部の葉は花が咲いているときには無い。
花は枝先に数個つき、黄色である。
総苞(そうほう)は半球形で、冠毛(かんもう)は3mm。
ちなみに総苞とは、花全体を基部で包むうろこ状の集まりをいう。
また冠毛とは、タンポポやアザミなどの果実の上端に生じる毛状の突起をいう。


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村