ミシマサイコの花を紹介しています。

ミシマサイコの花を初めて見た日

ミシマサイコの花を初めて見たのは、2023年9月10日に、東京都小平市・東京都薬用植物園で見ることができた。

ミシマサイコの花(ミシマサイコの花)

ミシマサイコの名前の由来

ミシマサイコの名前の由来は、まず「サイコ」について、根は重要な薬草で柴胡(さいこ)と呼ぶ
次に「ミシマ」について、生薬の山地で有名な静岡県三島から名付けられた。

ミシマサイコの花言葉

ミシマサイコの花言葉は、「初めてのキス」・「揺れる思い」・「幸せな家庭」

ミシマサイコの生えている場所

ミシマサイコの生えている場所は、自生のものについては、日当たりのよい山地丘陵地に生えている。
しかし、ミシマサイコは植物園で見ることができ、自分が見た限りでは、東京都薬用植物園で見ることができた。

ホタルサイコとの違い

厄介なのが、同じ仲間のホタルサイコの花に似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは葉っぱのつき方

  • ホタルサイコ 茎の葉っぱの基部は茎を抱き、上部の茎の葉っぱの幅は2cm以上
  • ミシマサイコ 茎の葉っぱの基部は茎を抱かず、上部の茎の葉っぱの幅は2cm以内

ホタルサイコの葉(参考 ホタルサイコの葉)

ミシマサイコの葉(ミシマサイコの葉)

ホタルサイコの花(参考 ホタルサイコの花)

ミシマサイコの花(ミシマサイコの花)

両者の違いは、葉っぱのつき方を確認すれば、容易に判別することができる

ホタルサイコの記事はこちらからどうぞ

ミシマサイコを見た経験談

2023年9月10日、足のケガが思わしくなく、山にも行けず、東京都小平市・東京都薬用植物園を訪れる。
園内を歩いていると、黄色の小さな花が目に飛び込む。
近づいてみると、説明板にミシマサイコと表記されていたので、ミシマサイコの花であることがわかった。

ミシマサイコの花(ミシマサイコの花)

ミシマサイコの花を初めて見たとき、黄色の花あまりにも小さいので、説明板が無ければ、見逃してしまうところであった。

ミシマサイコの花(ミシマサイコの花)

ミシマサイコは、セリ科の仲間では黄色の花と珍しいことから、判別しやすい。

ミシマサイコの花(ミシマサイコの花)

ミシマサイコの葉っぱは、セリ科では珍しく、白緑色の線形が特徴である。

ミシマサイコの葉(ミシマサイコの葉)

ミシマサイコは薬用で利用されることが多く、採取されていることから、自生のものは激減していて、国の絶滅危惧種に指定されている。

ミシマサイコの花は咲き始めであり、花があまりにも小さいので、ピントを合わせるのに苦労した。
今後の宿題として、自生のミシマサイコを撮影することである。

ミシマサイコの花(ミシマサイコの花)

ミシマサイコの全体像(ミシマサイコの全体像)


スポンサーリンク

ミシマサイコ(セリ科)花期8~10月
分布 本州・四国・九州
絶滅危惧Ⅱ類(VU)

山間部の畑などで栽培されている。
漢方では解熱・鎮痛・解毒・抗炎症などに使われる用途の広い薬草で、薬理効果も確かめられている。
細かく枝を分けて、高さ60cmほどになるが、花のころは倒れていることが多い。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村