アケビの花を紹介しています。

アケビの花を初めて見た日

アケビの花を初めて見たのは、2018年4月7日で、場所は東京都羽村市で見ることができた。

アケビの花(アケビの花 2022年4月23日撮影)

アケビの名前の由来

アケビの名前の由来は、果実の色に由来する朱実(あけみ)からきた説が1つ。
また果実が熟すと、口を開くところから開け実の説がある。

アケビの花言葉

アケビの花言葉は、「才能」や「唯一の恋」

アケビの生えている場所

アケビの生えている場所は、自分が見た限りでは、山野のやや日当たりのよい場所で、他の植物や金属の柵に絡まって生えているのを確認することができた。

ミツバアケビとの違い

厄介なのが、同じ仲間のミツバアケビと花がかなり似ていて、植物観察を始めたときに判別に迷ってしまう。
違いはまずは花の色で、ミツバアケビは濃紫色であるのに対して、アケビは淡紫色または白色である。

また葉っぱの構成にも違いがあり、ミツバアケビは名前の通り、葉っぱが3枚で構成されているのに対して、アケビは手のひら状に5枚で構成されている。
両者を生で見れば、違いはすぐにわかるようになる。

アケビを見た経験談

2022年4月23日に、春の花を探しに山梨県北杜市のオオムラサキ自然観察歩道を訪れた。
歩道を歩いていると、山野のやや日当たりのよい場所に、アケビらしき葉っぱが目についた。
葉っぱの下をのぞき込むと、白色のアケビの花がたくさん咲いているのを確認することができた。

アケビの花(アケビの花 2022年4月23日撮影)

いつもアケビの花を見て思うことは、花の形が個人的には独特な形をしていて面白いと感じる。
ただアケビの花を探すときは、葉っぱの特徴をつかんでおくと見つけやすい。

アケビの葉(アケビの葉)

オオムラサキ自然観察歩道に生えていたアケビの花は白色のものしか無かった。
アケビの花は本来は淡紫色である。
アケビの白色の花をシロバナアケビと区別する考えもある。

スポンサーリンク

オオムラサキ自然観察歩道でアケビの花を撮影するときに、風がかなり強く、アケビの花が風に揺られていたので、かなり手間取ってしまった。

今後はアケビの淡紫色の花を撮影するのが宿題となった。
無事アケビの花を撮影することができた。

アケビの花アケビの花(上の2点ともアケビの花 2022年4月23日撮影)


スポンサーリンク

アケビ(アケビ科)花期4~5月
分布 本州・四国・九州
山野にふつうに見られるつる植物。
しなやかなつるで、他の木に絡みつきながら生長する。
花の茎の先端に多数の雄花がつき、基部に少数の雌花がつく。
雌花は大きく直径が3cmほど、花びらのような3枚の萼片(がくへん)が目立つ。
ちなみに萼片とは花の外側にある集合体をいう。
果実は秋に熟して裂けて開く。
(山渓フィールドブックス 樹木春夏編参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村