ホタルカズラの花を初めて見たのは、2016年4月25日で、
場所は八王子市の長沼公園で見ることができた。

この年(2016年)は暖冬で春も暖かさが続いてホタルカズラの花の
開花が早かった。
見た感じだと群落で咲いている印象を受けた。

それに花のサイズも見やすいし、色も青紫色とハッキリしているので
すぐに目につくと思う。
ムラサキ科は結構花の実物の色を写真で表すのが難しいと感じる。

2018年に多摩丘陵で6月に見たときは咲き遅れた花が1株咲いていた。
ただ初めてホタルカズラの花を見たときに、花の写真を撮影するのを忘れてしまい、
2019年5月13日に前年(2018年)にホタルカズラの花が咲いていた場所を訪れると、
この場所も群落で咲いていて、ちょうどホタルカズラの花が最盛期で見ごろであった。

ホタルカズラ

ホタルカズラ

ホタルカズラ(2019年5月13日撮影 場所 多摩丘陵)



ホタルカズラ(ムラサキ科)花期4~5月
分布 日本全土
日当たりのよい草原や林縁に生え、蔓(つる)で横に這(は)って広がる。
古い茎は木質化する。
花茎はやや立ち上がって15㎝ほどになり、
先端に青紫の蛍光色の花を咲かせる。
花の直径は2㎝ほどである。
葉や茎にはざらつくような毛が生える。
目がチカチカするような花の色や点々と咲く様子をホタルの光に例えて名がついた。
花の実物を写真に色を表すのが難しい花の1つである。
花言葉は「高潔」や「企み」
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)