コセリバオウレンの花を紹介しています。

コセリバオウレンの花を初めて見た日

コセリバオウレンの花を初めて見たのは、2022年2月17日で、場所は東京都八王子市の東京薬科大学薬用植物園で見ることができた。

コセリバオウレンの花(コセリバオウレンの花)

コセリバオウレンの名前の由来

コセリバオウレンの名前の由来は、葉っぱがセリの葉っぱに似ていて、セリバオウレンより小さいところから名付けられたとされている。

コセリバオウレンの生えている場所

コセリバオウレンの生えている場所は、自分が見た限りでは、植物園内の山地の林の下に群生して、植えられているのを確認することができた。
自生のコセリバオウレンも山地の林の下に生えている。

セリバオウレンとの違い

厄介なのが、同じ仲間のセリバオウレンと花や葉っぱが似ていて、判別に迷ってしまう。
違いはまずは花びらの太さで、セリバオウレンより、コセリバオウレンのほうが花びらがかなり細い
また葉っぱの付き方も違い、セリバオウレンは2回3出複葉であるのに対して、コセリバオウレンは3回3出複葉である。
さらに葉っぱの大きさもセリバオウレンのほうが大きい。

コセリバオウレンの葉

(コセリバオウレンの葉)

実際に植物観察をして、先にセリバオウレンの花をよく見て、後でコセリバオウレンの花を見ると大きさがわかりやすい。

セリバオウレンの記事はこちらからどうぞ

 

コセリバオウレンを見た経験談

自分が見ている複数の花ブログで、東京薬科大学薬用植物園のコセリバオウレンの花の写真が記事に掲載されていた。
早速現地に向かうことにした。

現地に着くと、植物園の敷地が広いこともあってか、コセリバオウレンの花がどこにあるのか全くわからない。
コセリバオウレンの花を探しに、植物園内をウロウロしていたが、見つからなかった。

もう1度植物園内を見渡すと、遠くに2人組の方を見かけて、その先に何かしらの花が咲いていると思い向かった。
2人組の人がいた場所に到着すると、視線の先にはコセリバオウレンの花が群落となって咲いていた。

コセリバオウレンの花の群落(コセリバオウレンの花の群落)

コセリバオウレンの花は白色で、やはり2021年2月に見たセリバオウレンより植物全体が1回り小さい。
また2人組のおば様の話によると、コセリバオウレンの花は雄花両性花(りょうせいか)の2つのタイプがあると教わった。
ちなみにコセリバオウレンの雄花は全体が白色であるのに対して、両性花は花の中心が緑色を帯びている。

コセリバオウレンの雄花(コセリバオウレンの雄花)

コセリバオウレンの両性花(コセリバオウレンの両性花)

さらにコセリバオウレンはカタクリアズマイチゲの早春植物と勘違いされるケースが多い。
早春植物とは初夏に植物全体が地上から姿を消す植物をいい、コセリバオウレンの場合は葉っぱが1年中生えている。

コセリバオウレンの花の姿が「春の妖精」と思うぐらいの可愛さに感動を覚え、10枚ぐらい撮影した。
いつか自生のコセリバオウレンの花を撮影するという宿題ができた。
無事コセリバオウレンの花を撮影することができた。

コセリバオウレンの花(コセリバオウレンの花)


スポンサーリンク

コセリバオウレン(キンポウゲ科)花期2~4月
分布 本州・四国(太平洋側)
草の高さ10~20cmの多年草。
葉っぱには不揃いの鋭いギザギザがある。
葉っぱの質は厚く、光沢がある。
花は雌雄異株で、花の茎の上部に2~3個横向きに咲く。
花の大きさは1cm。
花びらは8~10個のへら形。
果実は長さ1~1.5cmで、矢車状に並ぶ。


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村