アキノノゲシの花を紹介しています。

アキノノゲシの花を初めて見た日

アキノノゲシの花を初めて見たのは、2016年10月29日で、場所は千葉県山武市成東で見ることができた。

アキノノゲシの花(アキノノゲシの花 2021年9月30日撮影)

アキノノゲシの名前の由来

アキノノゲシの名前の由来は、春に咲く同じ仲間のノゲシに似て、秋に花が咲くところから名付けられたとされている。

アキノノゲシの花言葉

アキノノゲシの花言葉は、「控えめな人」

アキノノゲシの生えている場所

アキノノゲシの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい草むらの斜面道ばたに生えているのを確認することができた。

アキノノゲシを見た経験談

2021年9月30日、ホソバヒメミソハギの花を目当てに東京都八王子市の栃谷戸公園を訪れた。

片倉つどいの森から栃谷戸公園に向かう途中の幹線道路を歩いていると、クリーム色の花がところどころ咲いているのが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、アキノノゲシの花が咲いているのを確認することができた。

アキノノゲシの花(アキノノゲシの花 2021年9月30日撮影)

アキノノゲシは普通に生えている植物であるが、クリーム色の花は味わいがあって、「綺麗だなぁ」と感じる
また、アキノノゲシの花は、天気が晴れた日にしか花は開かず雨や夕方になると花が閉じる

アキノノゲシの花(アキノノゲシの花 2021年9月30日撮影)

名前が被っているノゲシとは、花や葉の形が明らかに違う。
アキノノゲシの葉っぱをパッと見て、どこか怖い印象を受けてしまう
葉の細長いものをホソバアキノノゲシと細かく分類されることもある。

アキノノゲシの葉(アキノノゲシの葉)

アキノノゲシの花がところどころに咲いていたので、被写体を選んで撮影した。
無事アキノノゲシの花を撮影することができた。

アキノノゲシの花(アキノノゲシの花 2021年9月30日撮影)


スポンサーリンク

アキノノゲシ(キク科)花期8~12月
分布 日本全土
田畑の土手や空き地など日当たりのよい場所に生え、高さは2mほどになる。
花の直径は2cmほどで、舌状花(せつじょうか)だけでできている。
ちなみに舌状花とは、キク科に見られる特徴で、花が左右相称につく花の付き方をいう。
葉には変異が多く、裂れこみのあるものや全縁のものもある。
茎や葉を傷つけると白い乳液を出す。
花が終わると、タンポポの綿毛をずっと小さくしたような実が風に運ばれる。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村