フクシマシャジンの花を紹介しています。

フクシマシャジンの花を初めて見た日

フクシマシャジンの花を初めて見たのは、2021年9月14日で、場所は山梨県富士吉田市の高座山(たかざすやま)で見ることができた。

フクシマシャジンの花(フクシマシャジンの花)

フクシマシャジンの名前の由来

フクシマシャジンの名前の由来は、福島県で最初に発見されたシャジンというところから名付けられたとされている。

フクシマシャジンの生えている場所

フクシマシャジンの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい草原に生えているのを確認することができた。

ソバナやツリガネニンジンとの違い

厄介なのが、同じ仲間で同じ時期に花が咲くソバナツリガネニンジンの花とかなり似ていて、判別するのがかなり難しい。
違いはまずソバナは葉っぱが互生し、花の付き方も互生で咲いている。
次にツリガネニンジンは葉っぱが輪生(輪になって生える)し、花の付き方も輪生して咲いている。
最後にフクシマシャジンは葉っぱが基本は輪生だが、互生して生えているものもあり、花の付き方は互生である。

フクシマシャジンの葉(フクシマシャジンの葉)

ただ文章で書いてみたものの実際には現地に行って、上記の3種類を判別して覚えた方が近道である。
しかし、植物観察をしていて1年経ってしまうと、頭の中で3種類の特徴を素で忘れてしまっている。

フクシマシャジンを見た経験談

2021年9月14日に、山の花を目当てに山梨県富士吉田市・高座山を訪れた。
高座山のススキ草原を歩いていて、紫色の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、最初はツリガネニンジンの花かなぁと思った。

しかし、以前ツリガネニンジンの花を見ていたからか、どうも花の付き方が微妙に違う。
特徴を知るために、カメラで花と葉っぱを撮影して、自宅で判別することにした。

自宅に帰宅して、被写体の特徴を図鑑やインターネットで調べると、花の付き方が互生、葉っぱは輪生互生のものとあるので、フクシマシャジンであることがわかった。

フクシマシャジンの花(フクシマシャジンの花)

フクシマシャジンの存在は、自分が見ている花ブログで高尾山にあることは知っていたが、まさか高座山で会えるとは思いもしなかった。

初めてフクシマシャジンの花を見ると、ソバナなのかツリガネニンジンの花なのか迷ってしまった。
やはり事前にフクシマシャジンの仲間・ツリガネニンジン属の特徴を予習した方が後に楽だということがわかった。

フクシマシャジンの花を、現地でツリガネニンジンの花だと思い込んで撮影をおろそかにしてしまった。
また被写体がピンボケばかりで、フクシマシャジンの被写体をちゃんと撮影することが今後の宿題となった。

無事フクシマシャジンの花を撮影することができた。

フクシマシャジンの花(フクシマシャジンの花)


スポンサーリンク

フクシマシャジン(キキョウ科)花期8~9月
分布 本州(中部地方以北)
山地のやや乾いたところに生える多年草。
茎は高さ0.6~1mになる。
葉の長さは5~8cmの卵状楕円形で、柄はごく短い。
茎頂(けいちょう)にややまばらな円錐花序をだし、淡い紫色~白色の鐘形の花を開く。
ちなみに茎頂とは茎の先端をいう。
花柱(かちゅう)は花冠(かかん)から少し突き出る。
ちなみに花柱とは雌しべの本体をいい、花冠とは花びらを指している。
(山渓ハンディ図鑑 山に咲く花参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村