ヒメミヤマウズラの花を紹介しています。

ヒメミヤマウズラの花を初めて見た日

ヒメミヤマウズラの花を初めて見たのは、2022年9月3日で、場所は山梨県の富士山で見ることができた。

ヒメミヤマウズラの花(ヒメミヤマウズラの花)

ヒメミヤマウズラの名前の由来

ヒメミヤマウズラの名前の由来は、まずミヤマウズラについては、葉の斑紋(ふもん)を鳥のウズラに例えたところから名付けられたとされている。

次に「ヒメ」については、花が小さいところ由来していると考えられる。
植物名の頭に「ヒメ」とつくものは、だいたいは小さいものを意味する。

ヒメミヤマウズラの生えている場所

ヒメミヤマウズラの生えている場所は、自分が見た限りでは、山地の樹林帯の下に生えているのを確認することができた。

ミヤマウズラとの違い

厄介なのが、同じ仲間のミヤマウズラの花とかなり似ていて、判別に迷ってしまう。
違いはまずは草の高さで、ミヤマウズラは15~25cmであるのに対して、ヒメミヤマウズラは10~20cmである。
ただ草の高さについては、ヒメミヤマウズラでも大振りの花があるので、草の高さだけで判別するのは難しい。

次に葉っぱの違いで、ミヤマウズラは葉っぱがやや直立するのに対して、ヒメミヤマウズラは平らで寝ているような生え方をする。
両者の葉っぱの違いについては、山梨県富士吉田市の富士山科学研究所のガイドさんに教わった。

ミヤマウズラの葉(参考 ミヤマウズラの葉)

ヒメミヤマウズラの葉(ヒメミヤマウズラの葉)

両者の違いについては、自分のような素人ではわからず、植物に詳しい人に聞いて、何度も現地に行かないと判別が難しいと感じた。


ヒメミヤマウズラを見た経験談

2022年9月3日に、山の花を探しに山梨県の富士山の麓を訪れた。
富士山の山麓の林の下を歩いていると、ミヤマウズラに似た小さな花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、見た目はミヤマウズラの花であるが、自宅に帰ってインターネットで調べると、草の高さが10cmぐらいしか無かったので、ヒメミヤマウズラの花とわかった。

ヒメミヤマウズラの花(ヒメミヤマウズラの花)

ヒメミヤマウズラの花を初めて見たときは、ミヤマウズラの花も白色で可愛いが、植物名の頭に「ヒメ」が表記されているだけに、ミヤマウズラより小さくて可愛い印象を受けた。

ただ自分のような素人では、両者を1回見ただけで判別するのは難しかった。
富士山の山麓を歩いていると、ヒメミヤマウズラの草の高さ(10cm)のものが点々と存在していた。
念のため富士吉田市の富士山科学研究所のガイドさんに、撮影した被写体を見てもらって確認することができた。

ヒメミヤマウズラの花が見れたこと、また山の花でランの花を見れたことに興奮を覚えて、被写体を撮影した。
無事ヒメミヤマウズラの花を撮影することができた。

ヒメミヤマウズラの花(ヒメミヤマウズラの花)


スポンサーリンク

ヒメミヤマウズラ(ラン科)花期7~9月
分布 北海道・本州(中部地方以北・大台ヶ原)
茎の基部は短く這(は)い、先は直立する。
葉は数個、茎の下部に互生し、卵形~狭卵形で、長さ1~2.5cm・幅7~15mm。
葉の先は鈍く、基部は広いくさび形で全縁。
葉の柄は1cm前後。
花は茎のてっぺんに偏って、総状花序となり、5~12個の白色の花をつける。
花の大きさは4~5mm。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村