キバナサフランモドキの花を紹介しています。

キバナサフランモドキの花を初めて見た日

キバナサフランモドキの花を初めて見たのは、2023年8月12日に、神奈川県川崎市中原区・下小田中6丁目の道ばたで見ることができた。

キバナサフランモドキの花(キバナサフランモドキの花)

キバナサフランモドキの名前の由来

キバナサフランモドキの名前の由来は、黄色の花のサフランモドキである。

もともとキバナタマスダレと名前を付けたいところであったが、すでにSternbergia lutea種に対して、「キバナタマスダレ」の名前があったため、用いることがなかった。

キバナサフランモドキの花言葉

キバナサフランモドキの花言葉は、「汚れなき愛」・「期待」・「潔白な愛」

キバナサフランモドキの生えている場所

キバナサフランモドキの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい道ばたに生えているのを確認することができた。

サフランモドキとの違い

名前が被っているサフランモドキとは、花の色が明らかに違う

  • サフランモドキ ピンク色
  • キバナサフランモドキ 黄色

サフランモドキの花(参考 サフランモドキの花)

キバナサフランモドキの花(キバナサフランモドキの花)

両者の違いは、花の色を確認すれば、判別するのは容易である。

サフランモドキの記事はこちらからどうぞ

キバナサフランモドキを見た経験談

2023年8月12日、神奈川県茅ヶ崎市・ヘッドランド付近でハマニガナの花を探して、自宅に戻る途中、明るい黄色の花が目に飛び込む。
近づいてみると、一瞬サフランモドキに花の構造が似ていると感じた。

自宅に帰宅して、黄花のサフランモドキがあるか、インターネットで調べると、見事に見つかり、キバナサフランモドキの花であることがわかった。

キバナサフランモドキの花(キバナサフランモドキの花)

キバナサフランモドキの花を初めて見たとき、今まで何百回も通った道なのに、キバナサフランモドキがあることすら知らなかった
灯台下暗しとはよく言ったものである。

キバナサフランモドキの花(キバナサフランモドキの花)

ちなみにキバナサフランモドキの花は、天気が晴れたときにしか開かない

キバナサフランモドキの花(キバナサフランモドキの花)

キバナサフランモドキの花を見ていたとき、疑問が浮かぶ。
花が同じ仲間のタマスダレに似ていて、念のためインターネットで、黄花のタマスダレがあるか調べると、キバナタマスダレもあった。

どちらの花か判別できず、違いを図鑑やインターネットで調べてみると、葉っぱの幅に違いがある。
キバナタマスダレは葉っぱの幅が広いのに対して、キバナサフランモドキは細長い

キバナサフランモドキの葉(キバナサフランモドキの葉)

キバナサフランモドキの花が道ばたに2輪咲いていたので、花の向きや明るさを調整して撮影することができた。

キバナサフランモドキの花(キバナサフランモドキの花)


スポンサーリンク

キバナサフランモドキ(ヒガンバナ科)花期7~9月
南アメリカ原産
多年草。
花の大きさは3~5cm前後。
花びらは6裂し、黄色。
草の高さは15~30cmほどになる。
葉は細く、多肉質で幅4mmほどの線形。
葉の色は緑色。
花は上を向いて咲く。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村