オオナンバンギセルの花を紹介しています。

オオナンバンギセルの花を初めて見た日

オオナンバンギセルの花を初めて見たのは、2021年8月24日に、山梨県富士吉田市・高座山(たかざすやま)で見ることができた。

オオナンバンギセルの花(オオナンバンギセルの花)

オオナンバンギセルの名前の由来

オオナンバンギセルの名前の由来は、まず「ナンバンギセル」について、長い柄の先に咲く花の形が、西洋人の使っていたキセル(喫煙パイプ)に似ているところから名付けられた。

次に「オオ」については、大形であるところからと考えられる。

別名 ヤマナンバンギセル

オオナンバンギセルの生えている場所

オオナンバンギセルの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高1000mぐらいのカヤト草原に生えているのを確認することができた。

ナンバンギセルとの違い

厄介なのが、同じ仲間のナンバンギセルの花に似ていて、判別が少し難しいと感じる。

違いは、まず生えている環境

  • ナンバンギセル 低地
  • オオナンバンギセル 標高1000m前後の山地

また花の大きさにも違いがあり、

  • ナンバンギセル 3~3.5cm
  • オオナンバンギセル 4~6cm

ナンバンギセルの花(参考 ナンバンギセルの花)

オオナンバンギセルの花(オオナンバンギセルの花)

両者の違いは、最初にナンバンギセルの花を見て、次にオオナンバンギセルの花を見ると、理解しやすい。

ナンバンギセルの記事はこちらからどうぞ

オオナンバンギセルを見た経験談

2021年8月24日、山の花を探しに、山梨県富士吉田市・高座山を訪れる。
高座山のカヤト草原を歩いていて、樹林帯に入ると、いきなり大きなナンバンギセルの花に出くわす。
近づいてみると、ナンバンギセルより大きいことから、オオナンバンギセルの花とわかった。

オオナンバンギセルの花(オオナンバンギセルの花)

オオナンバンギセルの花を初めて見たとき、ナンバンギセルより大きいと感じたのが、率直な感想であった。
また、名前の由来であるキセルの形は、オオナンバンギセルのほうが花が大きいこともあり、様になっている。
さらに、花の形が奇妙なので、見方によっては面白いが、どこか怖い印象を持ってしまう。

オオナンバンギセルの花(オオナンバンギセルの花)

オオナンバンギセルは、株数はかなり少ない
前記のことから、国の絶滅危惧種に指定されていないが、地方自治体によっては絶滅危惧種に指定されている。

オオナンバンギセルの花が、タイミングよく咲いていて、花の向きを考慮して撮影することができた。

オオナンバンギセルの花(オオナンバンギセルの花)


オオナンバンギセル(ハマウツボ科)花期7~9月
分布 本州・四国・九州
草の高さは20~30cmの1年草。
寄生植物。
シバスゲやヒメノガリヤスに寄生する。
ナンバンギセルによく似ているが、全体に大きく、花の茎も太い。
花は明るい紅紫色で大きく、花冠(かかん)の先には細かいギザギザがある。
ちなみに花冠とは、花びらの集合体をいう。
萼(がく)は先がとがらず、淡紅紫色の筋も無い。
ちなみにとは、雄しべと雌しべを囲んでいるものが二重になっているもので、外側にあるものをいう。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村