オカトラノオの花ヌマトラノオとの違いを紹介しています。

オカトラノオの花を初めて見た日

オカトラノオの花を初めて見たのは、2016年7月16日に、東京都八王子市・長沼公園で見ることができた。

オカトラノオの花(オカトラノオの花 2024年7月2日撮影)

オカトラノオの名前の由来

オカトラノオの名前の由来は、花序を虎の尾に見立てたところから名付けられた。
ちなみに花序とは、花が茎または枝につく並び方をいう。

オカトラノオの花言葉

オカトラノオの花言葉は、「忠実」・「貞操」・「優しい風情」・「清純な恋」・「騎士道」

オカトラノオの生えている場所

オカトラノオの生えている場所は、自分が見た限りでは、丘陵地の林下に群生しているのを確認することができた。

ヌマトラノオとの違い

厄介なのが、ヌマトラノオによく似ていて、判別が難しいと感じる。

1.生えている場所

  • ヌマトラノオ 湿地
  • オカトラノオ 丘陵地の林下

2.花序の付き方

  • ヌマトラノオ 直立する
  • オカトラノオ やや曲がる

ヌマトラノオの花(参考 ヌマトラノオの花)

オカトラノオの花(オカトラノオの花)

3.葉っぱの形

  • ヌマトラノオ 長い楕円形
  • オカトラノオ 長い楕円形~狭い卵形

ヌマトラノオの葉(参考 ヌマトラノオの葉)

オカトラノオの葉(オカトラノオの葉)

両者の違いは、上記の3点を確認すれば、間違えることは無い。

ヌマトラノオの記事はこちらからどうぞ

オカトラノオを見た経験談

2024年7月2日、タシロランの花を目当てに、神奈川県横浜市緑区・四季の森公園を訪れる。
公園内・はす池付近を通ると、尾のような形をした白色の花が目にとまる。
よく見ると、オカトラノオの花が咲いているのを確認することができた。

オカトラノオの花(オカトラノオの花 2024年7月2日撮影)

オカトラノオの花は、尾のような形をした白色の花であり、たくさん咲いていると目につきやすい。
またオカトラノオの花が咲き出すと、真夏が近いことを実感する

オカトラノオの群落(オカトラノオの群落)

オカトラノオの名前の由来である「虎の尾」に見立てたというのも、花の姿を見ていて、納得がいく

オカトラノオの花(オカトラノオの花 2024年7月2日撮影)

ちなみにオカトラノオの花は真夏手前になると、丘陵地の林下で普通に見ることができる。

四季の森公園のオカトラノオの花は、咲き始めのもの~終わっているものと様々あり、花付きのよいものを選んで、撮影することができた。

オカトラノオの花(オカトラノオの花 2024年7月2日撮影)



オカトラノオ(サクラソウ科)花期6~7月
分布 北海道・本州・四国・九州
人家周辺の丘陵地から山の草原まで、垂直分布の幅は広い。
どこでも数本が固まって生え、高さは1mほどになる。
茎は円柱状で、下部は赤くなることが多い。
5弁の花びらを密集して咲かせ、ひとつの花の直径は1cmほどである。
長い地下茎を出して繁殖し、条件が良いと、1年でかなり増える。
(山渓フィールドブックス 夏の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村