オランダカイウの花を紹介しています。

オランダカイウの花を初めて見た日

オランダカイウの花を初めて見たのは、2023年4月14日に、神奈川県川崎市中原区・江川せせらぎ遊歩道で見ることができた。

オランダカイウの花(オランダカイウの花)

オランダカイウの名前の由来

オランダカイウの名前の由来は、まずオランダについて、江戸時代にオランダ船に運ばれたことによる。
次にカイウについては、サトイモによく似た根を持つ花という意味で名付けられた。

別名 カラーの知名度のほうが高い。

オランダカイウの花言葉

オランダカイウの花言葉は、「乙女のしとやかさ」・「華麗なる美」・「清純」

オランダカイウの植えられている場所

オランダカイウの植えられている場所は、自分が見た限りでは、遊歩道沿いに植えられているのを確認することができた。

オランダカイウを見た経験談

2023年4月14日、春の花を目当てに、神奈川県川崎市中原区・江川せせらぎ遊歩道を訪れる。
遊歩道を歩いていると、白色の面白い形をした花が目にとまる。
近づいてみると、オランダカイウの花が咲いているのを確認することができた。

オランダカイウの花(オランダカイウの花)

オランダカイウの花を初めて見たとき、パッと見て、ミズバショウの花に似ていると思った。
ちなみにオランダカイウミズバショウは、同じサトイモ科の花である。

オランダカイウの花(オランダカイウの花)

オランダカイウは園芸種で植えられていることが多く、春本番になると、遊歩道公園で目撃している。
オランダカイウの白色の面白い形の花は、大きさが7~20cmあり、どうしても目立ってしまう
ただ最近は種が逃げて、野生化している。

オランダカイウの全体像(オランダカイウの全体像)

オランダカイウの葉っぱは、20~40cmと大きく、光沢がある
そう考えると、花と葉っぱのイメージが一致していないと感じる。

オランダカイウの葉
(オランダカイウの葉)

ちなみにオランダカイウには、毒が含まれている

オランダカイウの花が咲き始めであり、咲いている向きを考慮して、撮影することができた。

オランダカイウの花(オランダカイウの花)



オランダカイウ(サトイモ科)花期4~8月
アフリカ南部原産
草の高さ50~120cmの多年草。
帰化植物。
葉は広卵状で長さ20~40cm、基部は深い心形で、長い葉柄がある。
仏炎苞(ぶつえんほう)は白色で長さ15~20cm、上を向いて咲き、口辺部はラッパ状に広がる。
ちなみに仏炎苞とは、花を包む大きな苞を指し、サトイモ科に見られる特徴である。
花序(かじょ)はやや細くて黄色。
ちなみに花序とは、花が茎または枝につく並び方をいう。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村