シロバナタンポポの花を初めて見た日

シロバナタンポポの花を初めて見たのは、2018年3月11日で、場所は埼玉県さいたま市桜区の田島ヶ原で見ることができた。

シロバナタンポポの名前の由来

シロバナタンポポの名前の由来は、白色のタンポポであることから名付けられたとされている。

シロバナタンポポの生えている場所

シロバナタンポポの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい田んぼ湿地でたくさん生えているのを確認することができた。

シロバナタンポポを見た経験談

2022年3月28日に神奈川県葉山町の森戸川林道に自生のワサビの花を目当てに訪れた。
森戸川林道へ向かう途中の葉山町長柄の畑白色のタンポポが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、シロバナタンポポの花がまさに見ごろであった。

シロバナタンポポの花(シロバナタンポポの花 2022年3月28日撮影)

ふつうタンポポの花の色は黄色と思う人が多いが、西日本ではシロバナタンポポがメインに生えている。
自分もシロバナタンポポの花を最初に見たときは、本当に花が白色ビックリしたのを今でも覚えている。

また自宅近くの神奈川県川崎市中原区に生息しているタンポポの花は、カントウタンポポセイヨウタンポポの2種類のみ確認している。
自分が見ている限り、シロバナタンポポの花は田島ヶ原葉山町長柄でしか見たことが無い。

葉山町長柄のシロバナタンポポの花は午前10時に完全に開いていたが、森戸川林道を寄った帰り道に往路の道を戻った午後1時には花が閉じ始めていて、なかには綿毛になったものもあった。

シロバナタンポポの花がたくさん咲いていたので、撮影するときに被写体を選ぶのに迷うほどであった。
無事シロバナタンポポの花を撮影することができた。

シロバナタンポポの花シロバナタンポポの花(上の2点ともシロバナタンポポの花 2022年3月28日撮影)

シロバナタンポポの葉(シロバナタンポポの葉)

スポンサーリンク

シロバナタンポポ(キク科)花期3~5月
分布 本州(関東地方以西)・四国・九州
花は全体的には白だが、中心は淡い黄色。
総苞片(そうほうへん)に三角状の突起が目立つのも特徴。
ちなみに総苞片とはキク科やセリ科では花を覆う葉をいう。

受粉しなくても子孫を残せるので、分布域を北に広げている。
花言葉は「私を探して、そして見つめて」
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)