タムラソウの花を紹介しています。

タムラソウの花を初めて見た日

タムラソウの花を初めて見たのは、2021年9月14日で、場所は山梨県富士吉田市の高座山(たかざすやま)で見ることができた。

タムラソウの花(タムラソウの花)

タムラソウの名前の由来

タムラソウの名前の由来は、人名からきた名前のようだが語源はわかっていない。
初めてタムラソウの花を見て、次から次へとタムラソウの花が見れたときは、思わず田村さんとつい言ってしまった。

タムラソウの花言葉

タムラソウの花言葉は、「あなただけが好き」

タムラソウの生えている場所

タムラソウの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい草原に生えているのを確認することができた。

アザミ類との違い

厄介なのが、タムラソウの花はアザミ類の花にかなり似ていて、最初のころは判別するのが難しい。
違いは植物全体のトゲの有無で、アザミ類はトゲがあるのに対して、タムラソウはトゲが全く無い。
実際にアザミ類の花を見て、似ていると感じたら、茎や葉っぱを触って見るといい

タムラソウの葉(タムラソウの葉)

タムラソウを見た経験談

2021年9月14日に、山の花を見るのが目的に山梨県富士吉田市の高座山を登った。
高座山のススキ草原を歩いていると、アザミ類に似たピンク色の花が目に飛び込んできた。
近づいて茎や葉っぱを触ると、タムラソウの花であることがわかった。

タムラソウの花(タムラソウの花)

タムラソウの花だとわかり、茎や葉っぱの特徴が明らかにアザミ類とは違うことがわかった

話が少しそれるが、同じ時期に花が咲き、名前が被っているシソ科のアキノタムラソウとは花の形が全く違うので判別するのは簡単である。

タムラソウの花を撮影する際は、角度に気をつけながらの撮影となった。
無事タムラソウの花を撮影することができた。

タムラソウの花(タムラソウの花)


タムラソウ(キク科)花期8~10月
分布 本州・四国・九州
日当たりのよい山地の草原に生え、高さ1mほどになる。
種子の冠毛(かんもう)がアザミのように羽毛状とならないので、独自のタムラソウ属を形成している。
ちなみに冠毛とは、タンポポやアザミなどの果実の上端に生じる毛状の突起をいう。
花は直径4cmほどで、夏の終わり頃から咲き始める。
花には蝶などの昆虫がよく訪れるが、特にハナアブが多い。
広い草原でもよく目立つ花である。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)
 


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村