フジバカマの花を紹介しています。

フジバカマの花を初めて見た日

フジバカマの花を初めて見たのは、2022年10月1日で、場所は埼玉県さいたま市桜区の田島ヶ原で見ることができた。

フジバカマの花(フジバカマの花)

フジバカマの名前の由来

フジバカマの名前の由来は、花びらが藤色の袴(はかま)に似ているところから名付けられたとされている。
個人的にフジバカマの花を見ていると、名前の由来の着物の袴にどう考えても見える気がしない。

ちなみにフジバカマは秋の七草の1つである。

フジバカマの花言葉

フジバカマの花言葉は、「あの日を思い出す」や「遅れ」・「ためらい」・「躊躇」

フジバカマの生えている場所

フジバカマの生えている場所は、自分が見た限りでは、氾濫(はんらん)しそうな河原に群生して生えているのを確認することができた。

しかし、自然公園や植物園に植えられているフジバカマを見ていて、自生のものより、花の色が赤みが強いと感じる。

サワヒヨドリ・ヨツバヒヨドリの違い

厄介なのが、同じ仲間のサワヒヨドリヨツバヒヨドリの花に似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは葉っぱの生えかた柄の有無

  • サワヒヨドリ 葉っぱに柄が無く対生
  • ヨツバヒヨドリ 葉っぱは基本4枚で構成され、輪生
  • フジバカマ 下部の葉っぱは3裂し、対生

サワヒヨドリの葉(参考 サワヒヨドリの葉)

ヨツバヒヨドリの葉(参考 ヨツバヒヨドリの葉)

フジバカマの葉(フジバカマの葉)

サワヒヨドリの花(参考 サワヒヨドリの花)

ヨツバヒヨドリの花(参考 ヨツバヒヨドリの花)

フジバカマの花(フジバカマの花)

ヒヨドリバナ類の判別に迷ったとき、葉っぱの生えかたや柄の有無を確認すると、間違えることは無い。

サワヒヨドリの記事はこちらからどうぞ


ヨツバヒヨドリの記事はこちらからどうぞ

フジバカマを見た経験談

2021年10月半ばに、埼玉県さいたま市桜区の田島ヶ原を植物観察で訪れたとき、フジバカマの花が完全に枯れている姿を確認することができた。
来年(2022年)はフジバカマの花がどうしても見たいと、課題となっていた。

2022年10月に入って、去年(2021年)より半月早く現地に行けば、まだフジバカマの花が咲いていると考えて、再び田島ヶ原を訪れることにした。

現地に着いて、散策していると、モジャモジャした花が咲いているのが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、フジバカマの花が咲いているのを確認することができた。

フジバカマの花(フジバカマの花)

フジバカマの花を初めて見たときは、自生のものは花の色が淡く、自然に生えている花だぁと感じた。
またフジバカマの花を見ていて、自生のもののほうが、どこかたくましくて、綺麗だと思った。

フジバカマの花(フジバカマの花)

自分が10月上旬に田島ヶ原を訪れたときは、フジバカマの花はだいぶ終わりに近づいていて、咲き残りや遅咲きの株が少しある程度であった。
9月半ばに田島ヶ原を訪れていれば、フジバカマの花は最盛期であったと感じた。

フジバカマの花(フジバカマの花)

ちなみに自生のフジバカマは、株数が極めて少なく、国の絶滅危惧種に指定されている。
自生のフジバカマは、野焼きをして、手入れされている河原に多い。

自生のフジバカマの花をやっと見ることができて嬉しく思い、20枚近く被写体を撮影した。
無事フジバカマの花を撮影することができた。

フジバカマの花(フジバカマの花)

フジバカマの全体像(フジバカマの全体像)

フジバカマの葉(フジバカマの葉)

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/21 07:47:53時点 楽天市場調べ-詳細)

フジバカマ(キク科)花期8~9月
分布 本州(関東地方以西)・四国・九州
準絶滅危惧(NT)
葉の付け根が3裂するのが特徴。
河原の土手などに肥沃(ひよく)な場所に生える。
香りがよいので、匂い袋に入れられる。
生乾きのときは、特に強い香りがする。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


スポンサーリンク