ヤビツギンランの花を紹介しています。

ヤビツギンランの花を初めて見た日

ヤビツギンランの花を初めて見たのは、2022年5月3日で、場所は東京都八王子市で見ることができた。

ヤビツギンランの花(ヤビツギンランの花)

ヤビツギンランの名前の由来

ヤビツギンランの名前の由来は、神奈川県秦野市のヤビツ峠で発見されたところから名付けられたとされている。

ヤビツギンランの生えている場所

ヤビツギンランの生えている場所は、自分が見た限りでは、雑木林の下に生えているのを確認することができた。

ギンランとの違い

厄介なのが、同じ仲間のギンランと花がかなり似ていて、判別するのにかなり迷ってしまう。
違いは花びらの下の距(きょ)の有無で、ギンランは花びらの下に距が出ているのに対して、ヤビツギンランは距が全く出ない
両者の違いは、やはり実際に植物観察をして見比べるとわかりやすい。


ちなみにとは、植物の花びらの出っ張っている部分をいう。

ギンランの花(参考 ギンランの花)

ヤビツギンランを見た経験談

ヤビツギンランの存在を知ったのは、2021年4月で、自分が見ている花ブログであった。
2021年4月下旬に、ヤビツギンランの花が掲載された記事が紹介されていた。
ただそのときは、新型コロナウイルスの感染者が急増して、ヤビツギンランの花が咲いている場所へ行くのを止めてしまった。

スポンサーリンク


翌年の2022年4月下旬に入って、自分が見ている花ブログで、ヤビツギンランの花を紹介している記事をぼんやり目にする程度であった。

2022年5月3日に、山梨県の山に登山に下山した帰りの中央本線の車内で、スマートフォンで花の情報をチェックしていた。
すると自分が見ている花ブログで、ヤビツギンランの花の写真が掲載された記事があった。

自宅に帰る途中の電車の通り道なので、八王子市のヤビツギンランの自生地を訪れた。

ヤビツギンランの自生地の場所に難なくたどり着いたが、日の入り前ということもあって、花を探すのに焦ってしまう。
雑木林は少し暗く、ギンランの花ばかり見つかるが、ヤビツギンランの花をなかなか見つけることができない。

日の入りになったので、自宅に帰ろうとして目をフッと合わせると、花びらの下に距が無いギンランの花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、花びらの下に距が無かったので、ヤビツギンランの花であることがわかった。

ヤビツギンランの花(ヤビツギンランの花)

日が暮れてヤビツギンランの花を見たときは、まず嬉しかった。
辺りにはギンランの花はたくさん咲いているが、ヤビツギンランの花は2株しか無かった。

ヤビツギンランはギンランの変種として分類されている。
自分がヤビツギンランを見た限りでは、ギンランよりは草の高さや葉っぱが一回り大きいと感じた。

山梨県の山に登山に行ったあとで、足がかなりパンパンであったが、なんとかヤビツギンランの花を見つけることにホッとした。
無事ヤビツギンランの花を撮影することができた。

ヤビツギンランの花(ヤビツギンランの花)

ヤビツギンランの葉(ヤビツギンランの葉)


スポンサーリンク

ヤビツギンラン(ラン科)花期4~5月
分布 北海道・本州・四国
雑木林の下に生える多年草。
草の高さは5~40cm。


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村