ササバギンランの花ギンランとの違いを紹介しています。

ササバギンランの花を初めて見た日

ササバギンランの花を初めて見たのは、2017年5月5日に、東京都府中市で見ることができた。

ササバギンランの花(ササバギンランの花 2021年4月19日撮影)

ササバギンランの名前の由来

ササバギンランの名前の由来は、ギンランに似て、花が白色であり、葉っぱが長く笹の葉っぱを思わせることから名付けられた。

ササバギンランの花言葉

ササバギンランの花言葉は、「そっと見守ってください」

ササバギンランの生えている場所

ササバギンランの生えている場所は、自分が見た限りでは、丘陵地の林下に生えているのを確認することができた。

ギンランとの違い

厄介なのが、ギンランによく似ていて、判別が難しいと感じる。

違いはまず葉っぱの形

  • ギンラン 丸まっている
  • ササバギンラン 笹の葉っぱに似て、先端がとがっている

また草の高さも違い

  • ギンラン 20~40cm
  • ササバギンラン 30~50cm

ギンランの花(参考 ギンランの花)

ササバギンランの花(ササバギンランの花)

両者の違いは、上記の2点を確認すれば、間違えることは無い。

ギンランの記事はこちらからどうぞ

ササバギンランを見た経験談

2021年4月19日、ムサシノキスゲの花を目当てに、東京都府中市を訪れる。
雑木林の下を歩いていると、キンランの花がたくさん咲いているのを確認。
また辺りを見渡すと、ササバギンランの花を見つけることができた。

ササバギンランの花(ササバギンランの花 2021年4月19日撮影)

ササバギンランの花が咲くと、初夏の訪れが近いことを実感する

ササバギンランの花(ササバギンランの花 2021年4月19日撮影)

ササバギンランの白色の花笹のような葉っぱは、面白い組み合わせである。
上記の花の姿から、綺麗だなぁと思い、夢中に撮影してしまった

ササバギンランの花(ササバギンランの花 2021年4月19日撮影)


スポンサーリンク

ササバギンラン(ラン科)花期4~6月
分布 北海道・本州・四国・九州
花より葉のほうが高く伸びるのが特徴。
花はわずかに開くが、つぼみのような形のまま終わるものが多い。
よく似たギンランは葉よりも、花のほうが高くなるのが特徴。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

おすすめ関連記事

クゲヌマラン
シロバナキンラン
ヤビツギンラン