アオテンマの花を紹介しています。

アオテンマの花を初めて見た日

アオテンマの花を初めて見たのは、2022年6月10日で、場所は東京都八王子市で見ることができた。

アオテンマの花(アオテンマの花)

アオテンマの名前の由来

アオテンマの名前の由来は、図鑑やインターネットで調べたが見つからなかった。
おそらく同じ仲間のオニノヤガラ青く見立てたところから名付けられたと考えられる。

ちなみにアオテンマは、オニノヤガラの品種の1つとして分類されている。

アオテンマの生えている場所

アオテンマの生えている場所は、自分が見た限りでは、薄暗い林の下に生えているのを確認することができた。
ただアオテンマは毎年同じ場所に生えるとは限らない。
場合によっては発生しない年もある。

オニノヤガラとの違い

厄介なのが、同じ仲間のオニノヤガラと姿や形がかなり似ている。

違いは花の色の違いで、オニノヤガラは薄い黄色であるのに対して、アオテンマは緑色である。
またアオテンマはオニノヤガラより1週間ぐらい遅く生えてくる。
両者を生で見れば、違いはすぐにわかるようになる。

オニノヤガラの花(参考 オニノヤガラの花)

オニノヤガラの記事はこちらからどうぞ

アオテンマを見た経験談

アオテンマの存在を知ったのは2019年で、自分が見ている花ブログであった。
2019年6月に東京都八王子市の公園を訪れたときは、アオテンマはすでに枯れていた。

その後2020年はコロナウイルスの感染拡大で県境移動が出来ず、翌年の2021年は八王子市の公園で、アオテンマは1株も生えなかった。

2022年6月に入ったときに、再び自分が見ている花ブログで、アオテンマの花が生えている写真が掲載された記事が紹介されていた。
自分が見ている花ブログには、公園内にアオテンマの生えている場所が細かく掲載されていたので、八王子市の公園へと向かった。

現地に着くと、公園内に3~4人集まっていたので、もしかしてアオテンマの花があるのかと思った。
人が集まっている場所に向かった前に、アオテンマの花を2株確認することができた。

アオテンマの花(アオテンマの花)

初めてアオテンマの花を見たときは、やはり同じ仲間のオニノヤガラを緑色にした花だなぁと思った。
花の色を除いては、オニノヤガラと特徴は同じである。
ただオニノヤガラと違って、毎年生えているわけでは無いので、アオテンマの花はとても珍しい。

4年かかって、やっとアオテンマの花が見られたことに興奮を覚え、ランの仲間で珍しいこともあってか、カメラで20枚近く撮影した。
無事アオテンマの花を撮影することができた。

アオテンマの花アオテンマの花(上の2点ともアオテンマの花)


スポンサーリンク

アオテンマ(ラン科)花期6~7月
分布 北海道・本州・四国・九州
草の高さは60~100cmの多年草。
オニノヤガラの緑化品として分類される。
それ以外はオニノヤガラと特徴は同じ。


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村