ヤブツバキの花を紹介しています。

ヤブツバキの花を初めて見た日

ヤブツバキの花を初めて見たのは、2016年2月17日で、場所は川崎市中原区の中原市民健康の森で見ることができた。

ヤブツバキの花(ヤブツバキの花 2021年12月18日撮影)

ヤブツバキの名前の由来

ヤブツバキの名前の由来は、単にツバキともいい、厚葉木が語源とされている。
また、葉に光沢があるので、艶葉木との説もある。

ヤブツバキの花言葉

ヤブツバキの花言葉は、「控え目な素晴らしさ」・「気取らない優美さ」

ヤブツバキの生えている場所

ヤブツバキの生えている場所は、自分が見た限りでは、雑木林の下に生えているのを確認することができた。

ユキツバキとの違い

厄介なのが、同じ仲間のユキツバキと花が似ていて、判別に迷ってしまう。
違いは分布域で、ユキツバキは東北~北陸地方の日本海側に生えているのに対して、ヤブツバキは本州~九州の太平洋側に生えている。

分布域が被ることはまず無い。

ヤブツバキを見た経験談

2020年12月29日、ヤブツバキの花を目当てに再び川崎市中原区の中原市民健康の森を散策した。
公園内を歩いていると、前日に訪れたとき、つぼみがかなり膨らんでいた。
もしかすると思い、ヤブツバキの木をのぞくと、
ヤブツバキの花が1輪咲いているのを確認することができた。

ヤブツバキの花(ヤブツバキの花 2020年12月29日撮影)

ヤブツバキの花が咲いていると、冬にあまり花が無いからか、凛と見えて、「綺麗だなぁ」と感じる
ツバキの花は園芸種の数は多いが、やはり自然のなかに生えている、ヤブツバキの花のほうが個人的には好みである。

辺りを見渡しが、ヤブツバキの花が1輪しか咲いていなかったので、誰1人おらず静かに撮影した。
まさか2020年の年末に、ヤブツバキの花が咲いているのにビックリしてしまった
無事ヤブツバキの花を撮影することができた。

ヤブツバキの花(ヤブツバキの花 2020年12月29日撮影)

ヤブツバキの葉(ヤブツバキの葉)


スポンサーリンク


ヤブツバキ(ツバキ科)花期11~4月
日本の照葉樹林を代表する木のひとつ。
海岸や沿海の山地に生え、高さは15mに達する。
樹皮は灰白色でなめらか。
ピカピカと光る葉は厚く革質で、太陽にかざしても光をほとんど通さない。
花は直径7㎝ほど、花びら(花弁)の基部は合着する。
多数ある雄しべの花糸を合着して筒状になる。
この茶筅(ちゃせん)のような形の雄しべが特徴。
種子から椿油をとる。
(山渓フィールドブックス 樹木春夏編)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村