ハマヒサカキの花を紹介しています。

ハマヒサカキの花を初めて見た日

ハマヒサカキの花を初めて見たのは、2022年11月19日に、神奈川県鎌倉市・稲村ケ崎公園で見ることができた。

ハマヒサカキの花(ハマヒサカキの花)

ハマヒサカキの名前の由来

ハマヒサカキの名前の由来は、ヒサカキに似て、海岸に生えているところから名付けられた。

ハマヒサカキの花言葉

ハマヒサカキの花言葉は、「近寄りがたき神」・「神を尊ぶ」

ハマヒサカキの生えている場所

ハマヒサカキの生えている場所は、自分が見た限りでは、海岸近くに生えているのを確認することができた。
ただ盆栽などに用いられることが多く、公園遊歩道に植えられているものを確認している。

ハマヒサカキを見た経験談

2022年11月、自分が見ている花ブログに、ハマヒサカキの花が掲載されていた。
神奈川県内の海岸近くに、ハマヒサカキの花を見ることができる場所をインターネットで調べる。
すると、いくつか候補は上がったが、交通が便利である神奈川県鎌倉市・稲村ケ崎公園に絞り、現地に向かう。

稲村ケ崎公園に着いて、階段を上ると、白色の小さな花がたくさん咲いているのが目に飛び込む。
近づいてみると、ハマヒサカキの花を確認することができた。

ハマヒサカキの花(ハマヒサカキの花)

ハマヒサカキの花は、雄花雌花に分かれている。
雄花より雌花のほうが1回り小さいので、区別するのは容易である。

ハマヒサカキの雄花(ハマヒサカキの雄花)

ハマヒサカキの雌花(ハマヒサカキの雌花)

ハマヒサカキの花から、ガスが漏れたような臭いがする。
実際にガス漏れと勘違いして、行政機関に通報してしまう事例もある。
ただ花が少ない晩秋に、ハマヒサカキの花が咲くと、意外と目につきやすい

稲村ケ崎公園のハマヒサカキは、生垣のような感じで生えていたので、たぶん植えられている可能性が高い。
ハマヒサカキの分布域は、本州では千葉県以西と掲載されているが、関東地方のものは種が逃げたものと考えられ、愛知県以西のものを自生とする考えもある。

ハマヒサカキの実は黒色に熟し、花と同時に見ることができる。

ハマヒサカキの実(ハマヒサカキの実)

ハマヒサカキの花がたくさん咲いていたので、被写体を選ぶのに迷うほどであった。

ハマヒサカキの花(ハマヒサカキの花)

ハマヒサカキの葉(ハマヒサカキの葉)

created by Rinker
¥1,833 (2024/06/20 12:29:51時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

ハマヒサカキ(ツツジ科 APG分類ではモッコク科)花期10~12月
分布 本州・四国・九州・沖縄
葉の表面に著しい光沢があり、先端に丸みを帯びる。
暖地の海岸に生える常緑の小高木で、高さは5mほどになる。
葉は小枝に2列状に密に並ぶ。
雌雄異株で、花は初冬に木の枝を埋め尽くすように、ビッシリと下向きに咲く。
雄花は花びらが白色で、黄色の雄しべが多数ある。
雌花は花びらが淡紫色を帯び、1本の雌しべだけが目立つ。
(山渓フィールドブックス 樹木秋冬編参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村