アカフタチツボスミレの花を紹介しています。

アカフタチツボスミレの花を初めて見た日

アカフタチツボスミレの花を初めて見たのは、2021年3月30日で、場所は東京都八王子市の裏高尾で見ることができた。

アカフタチツボスミレの花(アカフタチツボスミレの花)

アカフタチツボスミレの名前の由来

アカフタチツボスミレの名前の由来は、タチツボスミレの葉っぱの脈に沿って、紅紫色の斑(まだら)が入ったところから名付けられたとされている。

アカフタチツボスミレの生えている場所

アカフタチツボスミレの生えている場所は、自分が見た限りでは、タチツボスミレ同様に林の下に群落で生えているのを確認することができた。

タチツボスミレとの違い

厄介なのが、名前が被っているタチツボスミレとは姿や形がかなり似ていて、判別に迷ってしまう。
違いは葉っぱの脈で、タチツボスミレは葉っぱの脈が葉っぱ同様に緑色であるのに対して、アカフタチツボスミレの葉っぱは脈が赤く染まる

アカフタチツボスミレの葉(アカフタチツボスミレの葉)

両者の違いは植物観察を行っていれば、わかるようになってくる。

タチツボスミレの記事はこちらからどうぞ

アカフタチツボスミレを見た経験談

2021年3月30日に、ミドリニリンソウの花を目当てに東京都八王子市の高尾山・蛇滝(じゃたき)を訪れた。
蛇滝に向かう途中・裏高尾の小仏川沿いを歩いていたときに、タチツボスミレの花が目にとまった。
タチツボスミレの花や葉っぱをよく見ると、葉っぱがわずかながら赤く染まっていたので、アカフタチツボスミレであることがわかった。

アカフタチツボスミレの花(アカフタチツボスミレの花)

アカフタチツボスミレの存在を知ったのは、自分が見ている花ブログであった。
ただ毎年春になると、タチツボスミレの花にしか出会えず、いつかアカフタチツボスミレの花に出会いたいと思っていた。

現地で植物観察をしていて、葉っぱの脈がわずかに赤く染まっていたときに、アカフタチツボスミレと判明したときは嬉しかった。
タチツボスミレはアカフタチツボスミレのみならず、品種が多いスミレとして、植物愛好家を悩ましている。

アカフタチツボスミレの花に出会えたことに感動を覚えて、じっくり撮影した。
無事アカフタチツボスミレの花を撮影することができた。

アカフタチツボスミレの花(アカフタチツボスミレの花)


スポンサーリンク

アカフタチツボスミレ(スミレ科)花期2~5月
分布 日本全土
葉脈に沿って紅紫色の斑が入るタチツボスミレの品種。
アカフタチツボスミレばかりの群落はよく見られる。
(山渓ハンディ図鑑 日本のスミレ参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村