ヒメジソの花を紹介しています。

ヒメジソの花を初めて見た日

ヒメジソの花を初めて見たのは、2022年9月23日で、場所は神奈川県横浜市戸塚区の舞岡公園で見ることができた。

ヒメジソの花(ヒメジソの花)

ヒメジソの名前の由来

ヒメジソの名前の由来は、全体が食用にするシソに似ているが、より小形であるところから名付けられたとされている。
植物の名前の頭に「ヒメ」と表記されるものは、だいたい小さいものを意味している。

ヒメジソの生えている場所

ヒメジソの生えている場所は、自分が見た限りでは、田んぼのあぜの近くに生えているのを確認することができた。

イヌコウジュとの違い

厄介なのが、同じ仲間のイヌコウジュと花や植物全体の姿がかなり似ていて、判別にかなり迷ってしまう。
違いはまず花の色で、イヌコウジュは淡いピンク色であるのに対して、ヒメジソは白色である。
また生えている場所も違い、イヌコウジュは丘陵地の林の下に生えているのに対して、ヒメジソは田んぼの近くの湿った場所に生える。

両者の違いは、実際に何度も現地を訪れて、植物観察の回数をこなさないと、ハッキリとした違いはつかめないと感じた。

イヌコウジュの記事はこちらからどうぞ


ヒメジソを見た経験談

2022年9月23日に、キクモヒメジソの花を目当てに神奈川県横浜市戸塚区の舞岡公園を訪れた。
現地に着いて、耕作体験田んぼの辺りを散策していて、キクモの花を見つけることができたので、歩いてきた道を戻ると、田んぼのあぜに白色の小さな花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ヒメジソの花が点々と咲いているのを確認することができた。

ヒメジソの花(ヒメジソの花)

ヒメジソの花を初めて見たとき、図鑑の写真に掲載されているものより、かなり草の高さが低く感じた。
またヒメジソの花は、自分が思っていたより小さくて、植物観察に興味が無いと、見逃してしまう場所に生えていた。
ヒメジソの茎はやや四角である。

ヒメジソの茎(ヒメジソの茎)

ヒメジソの花を見ると、やはり同じ仲間のイヌコウジュに似ていて、迷ってしまうのも無理はない。
ヒメジソの花が点々と咲いていたので、空の明るさと花が白色なので、被写体がのっぺりしないように気をつけながらの撮影となった。
無事ヒメジソの花を撮影することができた。

ヒメジソの花ヒメジソの花(上の2点ともヒメジソの花)

ヒメジソの葉(ヒメジソの葉)


スポンサーリンク

ヒメジソ(シソ科)花期9~10月
分布 日本全土
山野のやや湿り気のある場所に生える。
水田の溝や林縁などに多い一年草。
高さは50cmほどになり、よく枝を分ける。
節には白い毛が生えている。
5cmほど花穂(かすい)にまばらな感じに花を咲かせる。
ちなみに花穂とは花が稲穂のように長く群がって咲く花の姿をいう。
花の直径は4mmほどと小さい。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村