コデマリの花ユキヤナギとの違いを紹介しています。

コデマリの花を初めて見た日

コデマリの花を初めて見たのは、2016年4月20日に、神奈川県川崎市中原区・江川せせらぎ遊歩道で見ることができた。

コデマリの花(コデマリの花 2023年4月8日撮影)

コデマリの名前の由来

コデマリの名前の由来は、球形の花付きを小形の手まりに見立てたところから名付けられた。

コデマリの花言葉

コデマリの花言葉は、「友情」・「努力」・「優雅」・「品位」

コデマリの植えられている場所

コデマリの植えられている場所は、自分が見た限りでは、遊歩道沿いに植えられているのを確認することができた。

ユキヤナギとの違い

同じ時期に花が咲く、ユキヤナギの花に少し似ている。

違いは花の咲き方

  • ユキヤナギ 枝全体に花が咲く
  • コデマリ 花が球形になり、集まって咲く

ユキヤナギの花(参考 ユキヤナギの花)

コデマリの花(コデマリの花)

両者の違いは、花の咲き方を確認すれば、間違えることは無い。

ユキヤナギの記事はこちらからどうぞ

コデマリを見た経験談

2023年4月8日、春の花を目当てに、神奈川県川崎市中原区・江川せせらぎ遊歩道を訪れる。
遊歩道を歩いていると、木全体に白色の球形の花がビッシリ咲いている。
近づいてみると、コデマリの花がちょうど見ごろを迎えていた。

コデマリの花(コデマリの花 2023年4月8日撮影)

コデマリの木の全体像(コデマリの木の全体像)

コデマリの花を見ていて、白色の球形の花は清楚な印象を受ける。
また白色の花は、春の季節にマッチしている

コデマリの花(コデマリの花 2023円4月8日撮影)

コデマリの花は1つ1つ小さいが、木全体にビッシリ咲いていると、かなり目立つ
花に興味が無くても、コデマリの花が満開になると、足をとめている人は多い。

コデマリの木の全体像(コデマリの木の全体像)

コデマリの花は春に咲くが、晩秋になると、返り咲きすることがある

コデマリの花は見ごろを迎え、咲いている向きを考慮して、撮影することができた。
しかし、花が白色であるからか、太陽の光がまともに当たると、被写体がのっぺりしてしまう

コデマリの花(コデマリの花 2023年4月8日撮影)


created by Rinker
¥1,499 (2024/04/09 18:44:05時点 楽天市場調べ-詳細)

コデマリ(バラ科)花期4~5月
中国原産
落葉低木。
木の高さは1.5~2m。
花びらは5枚で構成され、花の大きさは直径7~10mm・花序の直径は2.5~3cm。
ちなみに花序とは、花が茎または枝につく並び方をいう。
葉のつき方は互生。
葉っぱの長さは2.5~4cmのひし形状披針形・ひし形状楕円形。
葉の表面は暗い緑色で、裏側は白っぽい。
庭木や公園樹に利用される。
(ヤマケイポケットガイド 庭木・街路樹参照)
 


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

おすすめ関連記事

シジミバナ