ママコノシリヌグイの花を紹介しています。

ママコノシリヌグイの花を初めて見た日

ママコノシリヌグイの花を初めて見たのは、2023年8月28日に、神奈川県横須賀市・観音崎公園で見ることができた。

ママコノシリヌグイの花(ママコノシリヌグイの花)

ママコノシリヌグイの名前の由来

ママコノシリヌグイの名前の由来は、茎や葉っぱにトゲがあり、いかにも痛そうなところから名付けられた。
別名 トゲソバ

ママコノシリヌグイの花言葉

ママコノシリヌグイの花言葉は、「見かけによらぬ」・「変わらぬ愛情」

ママコノシリヌグイの生えている場所

ママコノシリヌグイの生えている場所は、自分が見た限りでは、海辺の砂浜に群生して生えているのを確認することができた。

ママコノシリヌグイに似ている花

アキノウナギツカミとの違い

厄介なのが、同じ仲間のアキノウナギツカミの花に似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは葉っぱの形や柄の有無

  • アキノウナギツカミ 長楕円形~卵状披針形 柄が無く、茎を抱く
  • ママコノシリヌグイ 三角形 柄がある

アキノウナギツカミの葉(参考 アキノウナギツカミの葉)

ママコノシリヌグイの葉(ママコノシリヌグイの葉)

アキノウナギツカミの花(参考 アキノウナギツカミの花)

ママコノシリヌグイの花(ママコノシリヌグイの花)

両者の違いは、葉っぱの形をしっかり確認すれば、間違えることは無い。

アキノウナギツカミの記事はこちらからどうぞ

ミゾソバとの違い

厄介なのが、同じ仲間のミゾソバの花にかなり似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは葉っぱの形

  • ミゾソバ 牛の顔に似たほこ形
  • ママコノシリヌグイ 三角形

ミゾソバの葉(参考 ミゾソバの葉)

ママコノシリヌグイの葉(ママコノシリヌグイの葉)

ミゾソバの花(参考 ミゾソバの花)

ママコノシリヌグイの花(ママコノシリヌグイの花)

両者の違いは、葉っぱの形をしっかり確認すれば、間違えることは無い。

ミゾソバの記事はこちらからどうぞ

ママコノシリヌグイを見た経験談

2023年8月28日、ハマカンゾウの花を目当てに、神奈川県横須賀市・観音崎公園を訪れた。

公園内の砂浜で花を探していると、タデ科の仲間の花が目に入る。
近づいてみると、茎のトゲが目立ち、葉っぱが三角形であることから、ママコノシリヌグイの花であることがわかった。

ママコノシリヌグイの花(ママコノシリヌグイの花)

ママコノシリヌグイの茎(ママコノシリヌグイの茎)

ママコノシリヌグイの葉(ママコノシリヌグイの葉)

ママコノシリヌグイの花を初めて見たとき、淡い紅色で可愛い印象を受ける
しかし、花が小さすぎるので、花に興味が無ければ、見逃してしまう。

ママコノシリヌグイの花(ママコノシリヌグイの花)

ママコノシリヌグイは、花より茎のトゲトゲのほうが、どうしても目立ってしまう

ママコノシリヌグイの茎(ママコノシリヌグイの茎)

しかし、ママコノシリヌグイの花が群生して咲いている姿は、意外と目につく。

ママコノシリヌグイの群落(ママコノシリヌグイの群落)

ママコノシリヌグイは、ヘクソカズラハキダメギクと並んで、気の毒な名前を付けられた植物の1つである。
もう少し、可愛い名前が無かったのか?と思ってしまう。

ママコノシリヌグイの花がたくさん咲いていたのはよかったが、花が小さすぎるので、撮影に苦労した。

ママコノシリヌグイの花(ママコノシリヌグイの花)


スポンサーリンク

ママコノシリヌグイ(タデ科)花期5~10月
分布 日本全土
道ばたや河岸・海辺など山野のいたる場所に生える。
長さは2mにも伸び、茎のトゲをひっかけて、他の物に寄りかかる。
茎の他に葉にもトゲが生えていて、そばに絡みつくものがあると、上にも伸びる。
多くの枝を分けるので、草やぶになるほど繁茂する。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村