ミツバベンケイソウの花を紹介しています。

ミツバベンケイソウの花を初めて見た日

ミツバベンケイソウの花を初めて見たのは、2022年10月15日で、場所は神奈川県葉山町で見ることができた。

ミツバベンケイソウの花(ミツバベンケイソウの花)

ミツバベンケイソウの名前の由来

ミツバベンケイソウの名前の由来は、まず「ベンケイソウ」については、葉っぱを切って、しばらく放っておいて土にさせば生き返ることから、その強さを平安時代末期の僧・弁慶に例えて名付けられたとされている。

また「ミツバ」は、葉っぱが3枚輪生するところから名付けられた。
ちなみに輪生とは、輪を描くように生えることをいう。

ミツバベンケイソウの花言葉

ミツバベンケイソウの花言葉は、「愛慕」

ミツバベンケイソウの生えている場所

ミツバベンケイソウの生えている場所は、自分が見た限りでは、岩場に生えているのを確認することができた。

ベンケイソウとの違い

厄介なのが、同じ仲間のベンケイソウと名前が被っているが、明らかに違う。
判別するには花の色の違いで、ベンケイソウは赤みを帯びるのに対して、ミツバベンケイソウは青みを帯びる。

ベンケイソウの花(参考 ベンケイソウの花)

ミツバベンケイソウの花(ミツバベンケイソウの花)

両者の違いは、ベンケイソウの花を最初に見ると、理解しやすい。

ベンケイソウの記事はこちらからどうぞ

 

ミツバベンケイソウを見た経験談

2022年10月15日に、タニジャコウソウの花を目当てに神奈川県葉山町の森戸川林道を訪れた。

タニジャコウソウの花を無事に見ることができたので、来た道を戻り、道ばたの岩場を見渡すと、ベンケイソウの仲間の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ベンケイソウの花にしては青みを帯びていて、そのときは花の名前が頭の中に浮かばなかった。

自宅に帰宅して、インターネットや図鑑で調べると、ミツバベンケイソウの花であることがわかった。

ミツバベンケイソウの花(ミツバベンケイソウの花)

ミツバベンケイソウの花を初めて見たときは、意外な形で花に出会えるとは思いもしなかった。
しかし、植物観察に興味が無いと、他の草の色と同じ色なので見逃してしまう。

ミツバベンケイソウの花(ミツバベンケイソウの花)

葉山町のミツバベンケイソウの花を見たときは、一瞬植えられているものと疑ってしまった。
インターネットで調べると、自分が見ている花サイトや神奈川県レッドデータブックに記載があったので、自生のものと確認することができた。

ミツバベンケイソウは、自分のなかでは標高1000m以上の山地に生えていると思っていた。
ミツバベンケイソウの葉っぱは、葉山町に生えていた株は、名前の由来とは異なり、三つ葉に構成されているものは無かった。

ミツバベンケイソウの葉(ミツバベンケイソウの葉)

ミツバベンケイソウは国では絶滅危惧種に指定されていないが、都道府県によっては絶滅危惧種に指定されている。
神奈川県では、ミツバベンケイソウは絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。

ミツバベンケイソウの花がある程度咲いていたので、撮影しやすい被写体を選んでの撮影となった。
無事ミツバベンケイソウの花を撮影することができた。

ミツバベンケイソウの花(ミツバベンケイソウの花)


ミツバベンケイソウ(ベンケイソウ科)花期8~10月
分布 北海道・本州・四国・九州
葉は4~5枚つくものも多い。
亜高山帯の沢沿いなどの岩石地に生える。
林下にも日当たりのよい場所にも出てくる。
高さは70cmほどになり、肉厚の白っぽい緑色の葉がよく目立つ。
花は満開となっても緑色で、周りの草に溶け込んでしまう。
生育不良の小さな株では、葉は対生することが多く、花をつけないので、別の植物にも見える。
(山渓フィールドブックス 夏の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


スポンサーリンク