ベンケイソウの花を紹介しています。

ベンケイソウの花を初めて見た日

ベンケイソウの花を初めて見たのは、2022年9月10日で、場所は栃木県奥日光の赤沼バス停近くで見ることができた。

ベンケイソウの花(ベンケイソウの花)

ベンケイソウの名前の由来

ベンケイソウの名前の由来は、葉っぱを切って、しばらく放っておいて土にさせば生き返ることから、その強さを平安時代末期の僧・弁慶に例えて名付けられたとされている。

ベンケイソウの花言葉

ベンケイソウの花言葉は、「穏やかな」や「信じて従う」・「静寂」・「機転がきく」

ベンケイソウの生えている場所

ベンケイソウの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高1000m以上の日当たりのよい草原に生えているのを確認することができた。

ベンケイソウを見た経験談

2022年9月10日に、イトキンポウゲの花を目当てに栃木県奥日光の西ノ湖を訪れた。
無事イトキンポウゲの花を見ることができたので、赤沼バス停方面に向かって歩く。

赤沼バス停に着くと、バスの待ち時間まで時間があったので、辺りを散策することにした。
草原の辺りを散策していると、赤く目立った花が目に飛び込んできた。

近づいて見ると、花の色が赤いから、最初はムラサキベンケイソウかと思った。
しかし、ムラサキベンケイソウは北海道にしか分布していないので、ベンケイソウの花であることがわかった。

ベンケイソウの花(ベンケイソウの花)

ベンケイソウの花を初めて見たとき、図鑑では白色の花の写真ばかり掲載されていた。
自宅に帰宅して、念のためインターネットの画像検索で調べると、赤色の花もあることがわかった。

ベンケイソウの花(ベンケイソウの花)

ベンケイソウの花は一見地味にも見えるが、見方によっては面白い花だと感じた。
しかし、名前の由来の弁慶と花の色や形が、どう考えても一致しない。

さらに意外な形で、ベンケイソウの花に出会えるとは思わなかった。

ベンケイソウはまばらに生えている。
ベンケイソウの葉っぱは肉厚で、特徴の1つである。

ベンケイソウの葉(ベンケイソウの葉)

ベンケイソウは秋の高原の花を代表する花の1つでもある。

ベンケイソウの花がちょうど見ごろであったので、太陽の光加減を考えての撮影となった。
無事ベンケイソウの花を撮影することができた。

ベンケイソウの花(ベンケイソウの花)

created by Rinker
¥1,100 (2024/04/21 07:34:01時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

ベンケイソウ(ベンケイソウ科)花期8~10月
分布 本州(中部地方以北)・九州
別名はコベンケイソウともいう。
草原のなかにポツンと単独で生えていることが多い。
肉厚の葉は乾燥に強く、簡単に枯れない。
高原や山地のまばらな林の下に生え、高さは1m近くにある。
小さな花が満開になると、ボール状に見える。
(山渓フィールドブックス 夏の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村