シナノナデシコの花を紹介しています。

シナノナデシコの花を初めて見た日

シナノナデシコの花を初めて見たのは、2022年8月11日で、場所は東京都文京区の小石川植物園で見ることができた。

シナノナデシコの花(シナノナデシコの花)

シナノナデシコの名前の由来

シナノナデシコの名前の由来は、信濃(しなの・昔の長野県)に多く見られる花で、子を撫でるほど可愛い花なので撫子(なでしこ)と名付けられたとされている。

学名のダイアンサスは、ギリシャ語の神と花との合成語で、神聖な花という意味である。

シナノナデシコの花言葉

シナノナデシコの花言葉は、「純愛」や「無邪気」・「快活」

シナノナデシコの生えている場所

シナノナデシコの生えている場所は、自分の場合は植物園で見たが、自生のものについては亜高山帯(標高2000mぐらい)の河原や岩場に生えている。

シナノナデシコを見た経験談

2022年8月11日に、世間がコロナウイルスの感染者の増大やお盆で、遠出をするのが怖かったので、東京都文京区の小石川植物園を訪れた。

現地に着くと、猛暑の陽気なので、急いで植物園の冷温室に直行した。
冷温室に入ると、冷房が効いていて、室内の花を探して見ることにした。

すると、ピンク色の上品な花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、表札にはシナノナデシコと書かれていたので、シナノナデシコの花であることがわかった。

シナノナデシコの花(シナノナデシコの花)

シナノナデシコの花を初めて見て思ったことは、冷温室に育てている花でも、ピンク色が上品で綺麗であった
もし、自生のシナノナデシコの花を標高2000m以上の山地で見たら、きっとピンク色がもっと映えると感じた。
自分が今まで見たナデシコの花では、1番綺麗だと思った

シナノナデシコの花(シナノナデシコの花)

ちなみにシナノナデシコは、日本固有の植物である。

高山植物のことは全く無知なので、シナノナデシコの名前を聞いたことは1度もなかった。
小石川植物園の冷温室は、鉢植えであるが、多くの高山植物が展示されている。

シナノナデシコの花がたくさん咲いていたので、被写体に困ることなく撮影することができた。
いつか、自生のシナノナデシコの花を撮影したいと今後の宿題となった。
無事シナノナデシコの花を撮影することができた。

シナノナデシコの花(シナノナデシコの花)

シナノナデシコの葉(シナノナデシコの葉)


スポンサーリンク

シナノナデシコ(ナデシコ科)花期7~8月
分布 本州(中部地方)
草の高さは30cmほどになる。
大きな株になると、30輪ほどの花を咲かせる。
葉は線形で、花のころ以外はほとんど目立たない。
別名をミヤマナデシコともいう。
(山渓フィールドブックス 夏の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村