アサマフウロの花を紹介しています。

アサマフウロの花を初めて見た日

アサマフウロの花を初めて見たのは、2022年8月22日で、場所は山梨県北杜市の美し森山で見ることができた。

アサマフウロの花(アサマフウロの花)

アサマフウロの名前の由来

アサマフウロの名前の由来は、群馬・長野県境の浅間山周辺に多く分布しているところから名付けられたとされている。

アサマフウロの花言葉

アサマフウロの花言葉は、「変わらぬ信頼」や「陽気」

アサマフウロの生えている場所

アサマフウロの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい草原に群生して生えているのを確認することができた。

アサマフウロを見た経験談

2022年8月22日に、山の花を探しに山梨県北杜市の清里周辺を訪れた。
清里の美し森山に着いて、少し散策すると、濃いピンク色の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、アサマフウロの花がたくさん咲いているのを確認することができた。

アサマフウロの花(アサマフウロの花)

初めてアサマフウロの花を見たときは、国の絶滅危惧種に指定されている花が、意外なところで見られるとは思いもしなかった。

アサマフウロの花(アサマフウロの花)

また、フウロソウの仲間では、花は4cmと大きく、濃いピンク色がかなり目立つ
さらに、名前の由来のとおり、浅間山周辺にしか生えていないと思っていたが、山梨県に生息しているのにはビックリした。

アサマフウロの花(アサマフウロの花)

アサマフウロの花は、自宅近くの神奈川県川崎市宮前区の東高根森林公園に、植えられているものを見たことがある。
やはり自生のほうが、自然の空気に溶け込んでいるからか、花の色がかなり綺麗だと感じた

アサマフウロの花がたくさん咲いていたので、撮影するときに被写体を選ぶのに迷うほどであった。
無事アサマフウロの花を撮影することができた。

アサマフウロの花(アサマフウロの花)

アサマフウロの葉(アサマフウロの葉)


created by Rinker
¥660 (2024/07/21 03:48:33時点 楽天市場調べ-詳細)

アサマフウロ(フウロソウ科)花期8~9月
分布 本州(中部地方)
準絶滅危惧(NT)
高原の湿った草地に生え、高さは60cmほどになる。
茎や葉の柄には下向きの毛が生える。
葉は手のひら状に深く裂け、裂片(れっぺん)はさらに細く裂ける。
ちなみに裂片とはいくつかの裂け目が入る葉をいう。
花びらの付け根に白い毛が密生(みっせい)するのが変わっている。
ちなみに密生とはすき間なく生えることをいう。
(山渓フィールドブックス 夏の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村