キケマンの花ミヤマキケマンとの違いを紹介しています。

キケマンの花を初めて見た日

キケマンの花を初めて見たのは、2021年4月2日に、神奈川県・三浦半島で見ることができた。

キケマンの花(キケマンの花)

キケマンの名前の由来

キケマンの名前の由来は、花が黄色で、仏前に飾る華鬘(けまん)に似ていることから名付けられた。

ちなみに華鬘とは、仏前を荘厳(そうごん)にするために、内陣の欄間(らんま)などにかける装飾具をいい、もとはインドの風俗で、身体を装飾するために用いた花輪などが転じて、仏具になったとされる。
ただ今の時代に華鬘と聞いても、ピンとこない。

キケマンの花言葉

キケマンの花言葉は、「さびしさに耐える」

キケマンの生えている場所

キケマンの生えている場所は、自分が見た限りでは、海岸近くの林下に生えているを確認することができた。

ミヤマキケマンとの違い

厄介なのが、ミヤマキケマンの花に似ていて、判別に迷ってしまう。

違いはまず生えている場所

  • ミヤマキケマン 山地の林下
  • キケマン 海岸近くの林下

また草の高さ・茎の太さにも違いがあり

  • ミヤマキケマン 20~45cm
  • キケマン 茎がミヤマキケマンより太く40~80cm

ミヤマキケマンの花(参考 ミヤマキケマンの花)

キケマンの花(キケマンの花)

両者の違いは、上記の2点を確認すれば、間違えることは無い。

ミヤマキケマンの記事はこちらからどうぞ

 

キケマンを見た経験談

キケマンの花を初めて見たとき、自分が見ている花ブログに、アツバスミレの花が紹介されていた。
写真の背景を頼りに、岩場などを隈なく探したが、アツバスミレの花を見つけることができなかった。

現地で海辺の植物を撮影した帰り道、林の下に見たことが無い黄色い花が目に入る。
近づいてみると、キケマンの花が見ごろを迎えていた。

キケマンの花(キケマンの花)

キケマンの花を初めて見たとき、海岸の林下に黄色の面白い形の花が咲いていると、ビックリしてしまう
また花に興味が無いと、これが花なのか?と疑問になる。

キケマンの花(キケマンの花)

キケマンはミヤマキケマンより大きく、茎も太く赤みを帯びている

キケマンの葉っぱは、粉をふったような緑白色で、フワッとして、やわらかい

キケマンの葉(キケマンの葉)

最初に見たキケマンの花は終わりに差し掛かっていたが、もう少し歩くと、キケマンの花が群生していて、見ごろを迎えていた。

キケマンの花(キケマンの花)


スポンサーリンク


キケマン(ケシ科)花期3~5月
分布 本州(関東地方以西)・四国・九州・沖縄
海岸や海の近くの腐植(ふしょく)に富んだ土壌に生え、ゴミ捨て場になっているようなところでは異様に大きくなる。
春早くから咲きだし、3月の声を聞けば花をつけている。
茎や葉を傷つけると、嫌な臭いがする。
1本の花茎に20個ほどの花を咲かせる。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

おすすめ関連記事

ジロボウエンゴサク
ムラサキケマン
ヤマエンゴサク