ミヤマキケマンの花を紹介しています。

ミヤマキケマンの花を初めて見た日

ミヤマキケマンの花を初めて見たのは、2016年4月16日で、場所は東京都八王子市の高尾山で見ることができた。

ミヤマキケマンの花(ミヤマキケマンの花 2021年3月30日撮影)

ミヤマキケマンの名前の由来

ミヤマキケマンの名前の由来は、ミヤマは「深山」を指している。
またケマンの漢字表記は「華鬘(けまん)」で、仏殿の装飾の1つであり、黄色の花で密につく花の様子から名付けられたとされている。

ただ今の時代に華鬘と言われても、頭の中でイメージがわかない。

ミヤマキケマンの生えている場所

ミヤマキケマンの生えている場所は、自分が見た限りでは、沢沿い近くの崖などが崩れている場所に群生して生えているのを確認することができた。

キケマンとの違い

厄介なのが、同じ仲間のキケマンと名前が被り、花の色や形がかなり似ているので、植物観察を始めたときは判別が難しい。
違いはまずは生えている場所で、キケマンは海辺の近くに生えるのに対して、ミヤマキケマンは山地に生える
また植物全体の大きさも明らかに違い、ミヤマキケマンよりキケマンの方が花や茎がかなり太い

キケマンの花(参考 キケマンの花)

両者の違いは植物観察をしていれば、明らかに植物全体の大きさや雰囲気が違うことがわかるようになってくる。

キケマンの記事はこちらからどうぞ

ミヤマキケマンを見た経験談

2021年3月30日に、ミドリニリンソウの花を目当てに高尾山・蛇滝(じゃたき)を訪れた。
蛇滝に着く手前で、黄色の細長い花がたくさん咲いているのが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ミヤマキケマンの花が咲き始めであった。

ミヤマキケマンの花(ミヤマキケマンの花 2021年3月30日撮影)

ミヤマキケマンの花は黄色で、花の形が独特なので、春の比較的浅い山の沢沿いを歩けば目につく。
ミヤマキケマンの葉っぱもキケマン同様にやわらかい。

ミヤマキケマンの葉(ミヤマキケマンの葉)

ただ名前の由来のミヤマとは異なり、比較的浅い山に生えている。

ミヤマキケマンの花がたくさん咲いていたので、被写体に困ることが無く撮影した。
無事ミヤマキケマンの花を撮影することができた。

ミヤマキケマンの花(ミヤマキケマンの花 2021年3月30日撮影)


スポンサーリンク

ミヤマキケマン(ケシ科)花期4~6月
分布 本州(近畿地方以北)
高さは40cmほどになり、密に多数の花をつける。
花は一方がくちびる状に開き、もう一方は筒状の距(きょ)になっている。
このような独特の花の形がキケマン属の特徴で、花の色や葉の形はさまざまでも、花の形は皆同じである。
ちなみにとは、花びらや萼(がく)の付け根の突起の部分をいう。
花言葉は「戦い」
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村