キンランの花を初めて見た日

キンランの花を初めて見たのは、2016年4月25日で、場所は東京都八王子市で見ることができた。

キンランの名前の由来

キンランの名前の由来は、黄色の花の色を金色に見立てたところから名付けられたとされている。

キンランの生えている場所

キンランの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高の低い丘陵地の雑木林の下に生えているのを確認することができた。

キンランの花びらの下の真ん中の部分は普通は模様が入っているが、花びらの下の真ん中に模様が入っていないものをツクバキンランとして分類していることもある。

ただキンランは盗掘の対象となっていて、花の色が綺麗であるから盗掘されてしまっている。
盗掘をして園芸としてキンランを栽培することはほぼ難しい。
理由としてはキンランの生えている土地の土壌に関係するからである。
どの植物にも言えることだが、自然に生えているものは自然でしか育たない。

キンランを見た経験談

2021年4月19日にムサシノキスゲの花を目的に、東京都府中市のムサシノキスゲの自生地を訪れたときに、自生地の入り口にキンランの花が早速出迎えてくれた。
さらに進むと、いたるところにキンランの花が咲いていて、本来ならキンランはまばらに生えていることが多いが、自生地にはキンランの花の大群落を見てビックリしてしまった。

たまたま近くを通った人と花の話をしていて、会話が弾んだ時に、キンランがたくさん生えているということは土壌が豊かで、ムサシノキスゲの自生地を管理しているボランティアの方々がきちんと保護している甲斐があってという話を聞いて勉強になった。

キンランの花がたくさん咲いているので、花の被写体を選ぶのに迷うほどであった。
無事キンランの花を撮影することができた。

キンランの花キンランの花キンランの花(上の3点ともキンランの花 2021年4月19日撮影)

キンランの大群落(キンランの大群落)


スポンサーリンク

キンラン(ラン科)花期4~6月
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
落葉樹林内に生える多年草。

茎は高さ30~70㎝。
葉は5~10個互生し、長楕円形で長さ8~10㎝、基部は茎を抱く。
茎頂に直径約1㎝の鮮黄色の花を3~12個つける。
唇弁は黄褐色の隆起線がある。
花言葉は「華やかな美人」
(山渓ハンディ図鑑 山に咲く花参照)