ミヤマウグイスカグラの花を紹介しています。

ミヤマウグイスカグラの花を初めて見た日

ミヤマウグイスカグラの花を初めて見たのは、2023年5月16日に、山梨県北杜市清里・清里ライン(国道141号線)沿いで見ることができた。

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)

ミヤマウグイスカグラの名前の由来

ミヤマウグイスカグラの名前の由来は、まず「ミヤマ」については、山の奥深いところからと考えられる。

次に「ウグイスカグラ」については、初夏にグミと似た実をつけ、ウグイスがこれを食べる様子が神楽(かぐら)を舞うように見えるところから名付けられたとされている。

また名前の由来に諸説あるが、ウグイスが隠れやすいヤブのなかに自生して、ウグイスカクレが変化した説
実を求めて飛んできたウグイスを、竿や網でとりやすい狩場となる説
ヤブのなかで小枝が茂り、カズラ(蔓)のように見える説がある。

ミヤマウグイスカグラの花言葉

ミヤマウグイスカグラの花言葉は、「未来を見つめる」・「将来の夢」

ミヤマウグイスカグラの生えている場所

ミヤマウグイスカグラの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高の高い山地の林に生えているのを確認することができた。

ウグイスカグラとの違い

厄介なのが、同じ仲間のウグイスカグラに花が似ていて、判別するのが難しい。
違いは毛の有無で、ウグイスカグラは全体に毛が無いのに対して、ミヤマウグイスカグラは花や花柄・葉っぱに毛が生えている

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)

ミヤマウグイスカグラの葉(ミヤマウグイスカグラの葉)

両者の違いは、毛の有無で容易に判別することができる。

ミヤマウグイスカグラを見た経験談

2023年5月16日、山の花を探しに、山梨県北杜市清里を訪れる。

清里ライン(国道141号線)を野辺山方面に歩いているとき、道沿いの林下に、ウグイスカグラに似た花が目に飛び込む。
近づいてみると、花や花柄・葉っぱに毛が生えていたことから、ミヤマウグイスカグラの花であることがわかった。

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)

ミヤマウグイスカグラと聞くと、標高の高い山地に生えているイメージがあった。
しかし、清里の道ばたに、ミヤマウグイスカグラが生えているのにビックリした

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)

ミヤマウグイスカグラの花は、ウグイスカグラの花によく似ている。
しかし、現地でミヤマウグイスカグラを見て、肉眼でわかるとおり、花や葉っぱに毛が生えているのを確認することができた。

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)

ミヤマウグイスカグラの葉(ミヤマウグイスカグラの葉)

ミヤマウグイスカグラの花は、ウグイスカグラの花同様に1~2cmと小さいので、知らないと見逃してしまう。
ちなみにミヤマウグイスカグラは、花と葉っぱは同時に出る

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)

ミヤマウグイスカグラの花がちょうど見ごろであったので、花の先端の向きを考慮しての撮影となった。
無事ミヤマウグイスカグラの花を撮影することができた。

ミヤマウグイスカグラの花(ミヤマウグイスカグラの花)


スポンサーリンク

ミヤマウグイスカグラ(スイカズラ科)花期4~5月
分布 本州(山陰地方以北)・四国・九州
山地から深山にかけて生え、高さ1mほどになる。
樹林の下にも生えるが、日当たりのよい場所を好むので、林縁部に多く、草原などにも進出する。
葉に触ると、ザラっとした感触がある。
果実は梅雨のさなかに赤く熟し、ほんのりした甘みがあり食べられる。
(山渓フィールドブックス 樹木春夏編参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村