アサガオガラクサの花を紹介しています。

アサガオガラクサの花を初めて見た日

アサガオガラクサの花を初めて見たのは、2023年10月6日に、東京都文京区・小石川植物園で見ることができた。

アサガオガラクサの花(アサガオガラクサの花)

アサガオガラクサの名前の由来

アサガオガラクサの名前の由来は、不明である。
園芸種のアメリカンブルーとは近縁。

アサガオガラクサの花言葉

アサガオガラクサの花言葉は、「清潔」・「清涼感」・「ふたりの絆」・「あふれる思い」

アサガオガラクサの生えている場所

アサガオガラクサの生えている場所は、自生のものは、沖縄諸島先島諸島の海岸近くに生えている。
ただ、植物園で見ることができ、自分が見た限りでは、小石川植物園で見ることができた。

アサガオガラクサを見た経験談

2023年10月6日、足のケガは少し良くなったが、山に行くことができず、東京都文京区・小石川植物園を訪れる。

園内の温室に入り、ウロウロしていると、鮮やかな青色の花に目がとまってしまう。
近づいてみると、プレートにアサガオガラクサと表記されていることから、アサガオガラクサの花であることがわかった。

アサガオガラクサの花(アサガオガラクサの花)

アサガオガラクサの花を初めて見たとき、鮮やかすぎる青色の花があることに、ビックリしてしまった
また花が鮮やかな青色であるため、咲いていると、かなり目立つ

アサガオガラクサの花(アサガオガラクサの花)

アサガオガラクサを見ていて、雰囲気が南方系の植物であることを実感する。
ちなみに日本では、沖縄のみに生息している。

アサガオガラクサの花(アサガオガラクサの花)

アサガオガラクサは、ヒルガオ科の仲間では、花は小さいと感じる

アサガオガラクサの花(アサガオガラクサの花)

アサガオガラクサはハーブの材料に使用され、インターネット通販などで出回っている。

アサガオガラクサの花は、ほぼ終わりであったが、咲き残りの花があり、なんとか撮影することができた。
余談であるが、小石川植物園沖縄の植物を気軽に見ることができる

アサガオガラクサの花(アサガオガラクサの花)

アサガオガラクサの葉(アサガオガラクサの葉)


スポンサーリンク


アサガオガラクサ(ヒルガオ科)花期1年中
分布 沖縄(沖縄島・八重山諸島)
長さ20~70cmの多年草。
茎は散らばって広がり、葉とともに灰褐色の毛がある。
葉は狭長楕円形~広楕円形で、長さ6~30mm・幅3~12mm・全縁。
花は葉腋(ようえき)や枝先につき、淡青色で、大きさ6~8mm。
ちなみに葉腋とは、茎や枝で、葉の付け根のすぐ上の部分をいう。
萼片(がくへん)は披針形で、毛がある。
ちなみに萼片とは、花の外側にある集合体をいう。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

おすすめ関連記事

マメアサガオ