ナツトウダイの花を紹介しています。

ナツトウダイの花を初めて見た日

ナツトウダイの花を初めて見たのは、2016年4月9日で、場所は東京都八王子市の小宮公園で見ることができた。

ナツトウダイの花(ナツトウダイの花 2021年3月30日撮影)

ナツトウダイの名前の由来

ナツトウダイの名前の由来は、夏に咲くトウダイグサから名付けられたとされているが、花の最盛期は明らかにである。

トウダイグサの記事はこちらからどうぞ

しかし、「図鑑・山渓フィールドブックス 春の野草」には花期が7月までと明記されているが、自宅近くの多摩丘陵では夏には同じ仲間のタカトウダイの花が代わって咲いている。

タカトウダイの記事はこちらからどうぞ

ナツトウダイの生えている場所

ナツトウダイの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高の低い丘陵地山地に群生とまではいかないが、集まって生えているのを確認することができた。

ナツトウダイを見た経験談

2021年3月30日にミドリニリンソウの花を目当てに東京都八王子市の高尾山・蛇滝(じゃたき)を訪れた。
蛇滝に向かう途中の小仏川沿いを歩いているときに、トウダイグサの仲間に似た緑色の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ナツトウダイの花がちょうど見ごろを迎えていた。

ナツトウダイの花(ナツトウダイの花 2022年3月30日撮影)

ナツトウダイの花は植物観察に関心が無いと、植物全体が緑色なので、草だと勘違いして見逃してしまう。
またトウダイグサ科に言えることだが、花は地味なものが多く、植物観察を意識しないと、最初のころは見つけることが出来ない。

名前の由来に反して、ナツトウダイの花は春本番に最盛期を迎えるが、やはりナツトウダイの名前を最初に考えた人はうっかりしてしまったのかとつい考えてしまう。

ナツトウダイの花は見ごろを迎えていたので、被写体に困ること無く撮影した。
無事ナツトウダイの花を撮影することができた。

ナツトウダイの花(ナツトウダイの花 2021年3月30日撮影)

created by Rinker
¥3,850 (2024/04/08 16:43:47時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

ナツトウダイ(トウダイグサ科)花期3~7月
分布 北海道・本州・四国・九州
花は三日月のような形をしているのが特徴。
ごろんと横たわっている丸い実のようなのが雌花(めばな)である。
花の高さは早春の頃で20cmほど、初夏には40cmほどに伸び、間延びした感じでだらしなくなる。
春先は葉や茎が赤茶色に染まることが多い。
花言葉は「控えめ」や「地味」
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村