ソシンロウバイの花を紹介しています。

ソシンロウバイの花を初めて見た日

ソシンロウバイの花を初めて見たのは、2017年1月7日で、場所は東京都八王子市の小宮公園で見ることができた。

ソシンロウバイの花(ソシンロウバイの花 2020年12月20日撮影)

ソシンロウバイの名前の由来

ソシンロウバイの名前の由来は、ます「ソシン」については、花びらから芯まで同じ色という意味を指す。
また「ロウバイ」については、
蝋細工(ろうざいく)のような梅に似た花が咲くことから名付けられたとされている。

ソシンロウバイの花言葉

ソシンロウバイの花言葉は、「ゆかしさ」や「慈しみ」

ソシンロウバイの植えられている場所

ソシンロウバイの植えられている場所は、自分が見た限りでは、公園樹民家の庭木として見ることができた

ロウバイとの違い

厄介なのが、同じ仲間のロウバイと花付きが似ていて、植物観察を始めたときは少し判別に迷ってしまう。
違いは花の中央部分で、ロウバイは茶色くなるのに対して、ソシンロウバイは黄色である。

ロウバイの花(参考 ロウバイの花)

ソシンロウバイの花(ソシンロウバイの花)

ロウバイの記事はこちらからどうぞ

ソシンロウバイを見た経験談

2020年12月20日に、神奈川県川崎市高津区の神庭緑地(かにわりょくち)を散策しているときに、辺りから甘い香りが漂ってきた。

もしかしたら、ソシンロウバイの花が咲いていると思い、木の植えられている場所をのぞくと、花がちらほら咲き始めていた。

ソシンロウバイの花(ソシンロウバイの花 2020年12月20日撮影)

改めて、ソシンロウバイの花を無事撮影することができた。

ソシンロウバイの花ソシンロウバイの花(上の2点ともソシンロウバイの花 2020年12月20日撮影)

ソシンロウバイの葉(ソシンロウバイの葉 2020年12月13日撮影)


created by Rinker
¥7,719 (2024/06/20 17:23:24時点 楽天市場調べ-詳細)

ソシンロウバイ(ロウバイ科)花期1~2月
中国原産
ロウバイより花が大きく、内側の花びら(花被片)が黄色。
(山渓ハンディ図鑑 樹に咲く花 離弁花1参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


スポンサーリンク