ナツロウバイの花を紹介しています。

ナツロウバイの花を初めて見た日

ナツロウバイの花を初めて見たのは、2022年5月22日で、場所は東京都調布市の22世紀の森で見ることができた。

ナツロウバイ(ナツロウバイの花)

ナツロウバイの名前の由来

ナツロウバイの名前の由来は、冬に花が咲く同じ仲間のロウバイに対して、初夏に花が咲くところから名付けられたとされている。

ナツロウバイの花言葉

ナツロウバイの花言葉は、「先導」・「先見」・「慈悲」・「優しい心」

ナツロウバイの植えられている場所

ナツロウバイの植えられている場所は、自分が見た限りでは、公園に植えられているのを確認することができた。

ロウバイとの違い

名前が被っている同じ仲間のロウバイとは明らかに違う。
まずは花の咲く時期で、ロウバイは冬に花が咲くのに対して、ナツロウバイは初夏に花が咲く

次に花の色で、ロウバイは黄色であるのに対して、ナツロウバイは白色である。

ロウバイの花(参考 ロウバイの花)

ナツロウバイの花(ナツロウバイの花)

さらに花の香りの有無で、ロウバイは甘い香りがするのに対して、ナツロウバイは香りがしない
実際に植物観察を行って、両者の花を見比べると、違いはすぐにわかる。

ロウバイの記事はこちらからどうぞ

ナツロウバイを見た経験談

ナツロウバイの存在を知ったのは、2022年5月上旬にクロバナロウバイの花を見て、その後クロバナロウバイの詳細をインターネットで調べていたときのことであった。

植物名の頭にナツと表記されるので、花の咲く時期が5~6月とわかった。

自分が住んでいる神奈川県付近にナツロウバイのある場所をインターネットで調べると、鎌倉市・妙月院に植えられていることが有名であることがわかった。

さらに、自分が見ている花ブログで、東京都調布市の22世紀の森にナツロウバイの花の写真が掲載されていたので、現地に向かった。
現地に着くと、ナツロウバイの花を探すのに手間取ってしまった。

22世紀の森の敷地をすべて探してもなかなか見つからず、ベンチで休憩していると、木と木の間に大きな白色の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ナツロウバイの花が咲いているのを確認することができた。

ナツロウバイの花(ナツロウバイの花)

ナツロウバイの花を初めて見たとき、上品な花だなぁという印象を受けた。

ナツロウバイの花(ナツロウバイの花)

また、自分が見ている花ブログでは、ナツロウバイの花びらが太陽の光に当たると透けて見えると掲載されていた。
実際に生で見て、本当に太陽の光に花びらが透けていて、とても綺麗であった

ナツロウバイの花(ナツロウバイの花)

さらに、ロウバイの小さな花と違って、ナツロウバイの花は1輪が大きい
中国原産であるが、現地では絶滅危惧種として指定されている。

ナツロウバイの葉っぱも、やはりロウバイの仲間ということもあってか、どこか怖い印象を受けた

ナツロウバイの葉(ナツロウバイの葉)

ナツロウバイやアジサイの花で有名な鎌倉市・妙月院と違い、22世紀の森は人が誰もいなかったので、貸し切り状態で10枚以上撮影してしまった。
無事ナツロウバイの花を撮影することができた。

ナツロウバイの花(ナツロウバイの花)

■良品庭木■夏ロウバイ3.5号ポット苗

スポンサーリンク

ナツロウバイ(ロウバイ科)花期5~6月
中国原産
落葉低木。
木の高さは1~3m。
中国名は「シャラメイ」という。
花の大きさは直径8cmほどになる。
ナツロウバイの花全体に「わび」があることから、初夏の茶花の使用される。
葉はロウバイに似るが、ロウバイほどザラザラせず、光沢がある。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村