ヤマトウバナの花を紹介しています。

ヤマトウバナの花を初めて見た日

ヤマトウバナの花を初めて見たのは、2022年7月18日で、場所は山梨県富士河口湖町の精進口登山道で見ることができた。

ヤマトウバナの花(ヤマトウバナの花)

ヤマトウバナの名前の由来

ヤマトウバナの名前の由来は、まずトウバナについては、花穂(かすい)を塔に見立てたところから名付けられたとされている。
ちなみに花穂とは、花が稲穂のように長く群がって咲く花の姿をいう。

植物名の頭に「ヤマ」がついたのは、山に生えているところからだと考えられる。

ヤマトウバナの花言葉

ヤマトウバナの花言葉は、「人間味のある」

ヤマトウバナの生えている場所

ヤマトウバナの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高1000mぐらいの山地の林の下に群生して生えているのを確認することができた。

トウバナとの違い

同じ仲間のトウバナと名前が被っていて、植物観察を始めたときに判別するのは難しい。

違いはまず花が咲く時期で、トウバナは春本番に咲くのに対して、ヤマトウバナは真夏に咲く。

また、生えている環境も異なり、トウバナは平地の林の下に生えているのに対して、ヤマトウバナは標高1000m近い山地の林の下に生えている。

トウバナの花(参考 トウバナの花)

ヤマトウバナの花(ヤマトウバナの花)

両者を生で見れば、違いはすぐにわかるようになってくる。

トウバナの記事はこちらどうぞ


ヤマトウバナを見た経験談

2022年7月18日に、夏の花を探しに山梨県富士河口湖町の精進口登山道を訪れた。
登山道には花らしい花が見当たらず、富士風穴に差し掛かったときに、白色の小さな花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ヤマトウバナかミヤマトウバナか悩んだ。

自宅に帰宅して、図鑑やインターネットの画像検索で調べる。
すると、ミヤマトウバナは草の高さが30~70cmであるのに対して、ヤマトウバナは10~30cmであった。
現地に生えていたものは、自分の登山靴ぐらいの高さであったので、ヤマトウバナの花と判断した。

ヤマトウバナの花(ヤマトウバナの花)

ヤマトウバナの花を初めて見たときは、本当に小さいなぁと思った。
植物観察に興味が無ければ、ヤマトウバナの花は7mmとかなり小さいため見逃してしまう。

ヤマトウバナの花(ヤマトウバナの花)

ヤマトウバナの花は、山地の林の下の薄暗い場所に生えていて、被写体を撮影するときに、ピントを合わせるのに苦労した。
また、白色の花なので、撮影をより難しくさせた。

ヤマトウバナの花は咲き始めであったが、咲いている花が少なかった。
無事ヤマトウバナの花を撮影することができた。

ヤマトウバナの花(ヤマトウバナの花)

ヤマトウバナの葉(ヤマトウバナの葉)


スポンサーリンク

ヤマトウバナ(シソ科)花期6~7月
分布 本州(中部地方以西)・四国・九州
山地の木陰に生える多年草。
茎はやや斜めに立ち上がる。
葉は対生し、長さ6~15mmの柄があり、長卵形または卵形で長さ2~5cm先はややとがり、粗いギザギザがある。
茎の上には短い花序(かじょ)がふつう1個つく。
ちなみに花序とは、花が茎または枝につく並び方をいう。
花は白色で長さ8~9mm、花の上の部分は浅く2裂し、下の部分は3裂する。
(山渓ハンディ図鑑 山に咲く花参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村