イヌセンブリの花を紹介しています。

イヌセンブリの花を初めて見た日

イヌセンブリの花を初めて見たのは、2016年10月29日で、場所は千葉県山武市で見ることができた。

イヌセンブリの花(イヌセンブリの花 2021年10月14日撮影)

イヌセンブリの名前の由来

イヌセンブリの名前の由来は、同じ仲間のセンブリに比べて、苦味が少なく、薬用にされないところから名付けられたとされている。
ちなみに植物名の頭に「イヌ」と表記されるものは、役に立たないことを意味する。

イヌセンブリの生えている場所

イヌセンブリの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい湿地に生えているのを確認することができた。
しかし、湿地でも、定期的に草刈りをしているところにしか、イヌセンブリは生えない。

センブリとの違い

厄介なのが、同じ仲間のセンブリの花に似ていて、植物観察を始めたときは判別が難しいと感じる。
違いは生えている場所で、センブリは日当たりのよい乾いた草地山の尾根道に生えているのに対して、イヌセンブリは日当たりのよい湿地に生えている。

センブリの花(参考 センブリの花)

イヌセンブリの花(イヌセンブリの花)

両者の違いは、生えている場所を確認すれば、判別は難しくない。

センブリの記事はこちらからどうぞ

イヌセンブリを見た経験談

2021年10月14日、そろそろイヌセンブリの花が咲くころだと思い、神奈川県横浜市栄区の横浜自然観察の森を訪れた。

現地に着いて、園内の自然観察センターで、イヌセンブリの生えている場所を教えてもらうことができ、イヌセンブリの生えている場所へ向かうことにする。

林の中を抜けて、日当たりのよい湿地に着くと、何かを撮影していた2人組のおじ様がいたので、イヌセンブリの生えている場所は、すぐにわかった。

撮影をした先に、イヌセンブリは生えていて、前の人の撮影が終わり、自分の番になった。
イヌセンブリの草の高さは、低く感じたが、イヌセンブリの花が咲いているのを確認することができた。

イヌセンブリの花(イヌセンブリの花 2021年10月14日撮影)

イヌセンブリの花を見たとき、センブリの花と違い、花の真ん中に、ヒゲのようなモジャモジャした毛が出ていた

イヌセンブリの花(イヌセンブリの花 2021年10月14日撮影)

イヌセンブリの花は、センブリの仲間すべてに言えることであるが、天気が晴れた日で無いと花が開かない

湿地にイヌセンブリは5株ほどあったが、ほとんどの株は花が終わってしまい、咲いていたのは2株ほどであった。
5年ぶりにイヌセンブリの花を見たことに興奮を覚え、夢中に撮影してしまった。

しかし、イヌセンブリの花の形は、ハッキリしているが、コンパクトデジタルカメラで撮影すると、どうしてもピントが合わなかった。
無事イヌセンブリの花を確認することができた。

イヌセンブリの花(イヌセンブリの花 2021年10月14日撮影)


スポンサーリンク

イヌセンブリ(リンドウ科)花期10~11月
分布 本州・四国・九州
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
湿地に生え、茎は高さ5~30cmになる。
葉は長さ2~5cmの倒披針形で、先は鈍い。
花は白色で、淡紫色のすじがある。
(山渓ハンディ図鑑 山に咲く花参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村