ハルリンドウの花を紹介しています。

ハルリンドウの花を初めて見た日

ハルリンドウの花を初めて見たのは、2022年4月2日で、場所は千葉県山武市の成東食虫植物群落で見ることができた。

ハルリンドウの花(ハルリンドウの花)

ハルリンドウの名前の由来

ハルリンドウの名前の由来は、春に咲くリンドウであるところから名付けられたとされている。

リンドウの記事はこちらからどうぞ

ハルリンドウの花言葉

ハルリンドウの花言葉は、「高貴」や「真実の愛」

ハルリンドウの生えている場所

ハルリンドウの生えている場所は、自分が見た限りでは、湿った場所に群生して生えているのを確認することができた。

フデリンドウとの違い

厄介なのが、同じ時期に花が咲く、同じ仲間のフデリンドウの花とかなり似ている。
違いはまず生えている環境で、フデリンドウは乾いた場所を好むのに対して、ハルリンドウは湿った場所に生えている。

また根の葉っぱの有無の違いで、フデリンドウは根に葉っぱが無いのに対して、ハルリンドウは根に葉っぱがある

さらに植物観察をして個人的に思ったことは、フデリンドウの花は濃い紫色のに対して、ハルリンドウの花は鮮やかな紫色である。

フデリンドウの記事はこちらからどうぞ

ハルリンドウを見た経験談

2022年4月に成東食虫植物群落のブログを見ていて、ハルリンドウの花が咲き出した記事が紹介されていたので、現地に向かった。

成東食虫植物群落に着くと、湿原は野焼きをした後で、九十九里の開けた場所にあり、海風が入った影響で風が冷たくて寒く,どこか殺風景であった。
湿原を散策していると、紫色の小さい花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ハルリンドウの花が咲き始めであった。

ハルリンドウの花(ハルリンドウの花)

ハルリンドウの花を見て最初に思ったことは、晩秋に花が咲くリンドウの花より小ぶりであった。
また今まで春に花が咲くリンドウの仲間を見てきて、ハルリンドウの花は鮮やかな青色をしていた。

本来なら標高1000m近い山の湿った場所に行かないと、ハルリンドウの花は見ることができない。
しかし成東食虫植物群落は標高が10m満たない場所にあって、ハルリンドウの花を見ることができる貴重な場所である。

ハルリンドウの花はリンドウの仲間に言えることだが、天気が晴れたときにしか花が開かない。

ハルリンドウの花(ハルリンドウの花)

ハルリンドウの花を初めて見た日に、世間はソメイヨシノの花を目当てに、たくさんの人でにぎわっているニュースが多く取り上げられ盛り上がっていた。
2022年4月現在のコロナウイルスの現状を考えると、人の多すぎる場所に行く気にもなれず、成東食虫植物群落で自分以外に誰もいなかったで、ハルリンドウの花を静かに観察することができた。

ハルリンドウの花はところどころに咲いていたので、被写体を選ぶのに迷うほどであった。
しかし現地で見たハルリンドウの花の鮮やかな紫色を、写真ではより鮮明に表現することできないのが悔しいところである。
無事ハルリンドウの花を撮影することができた。

ハルリンドウの花(ハルリンドウの花)

ハルリンドウのつぼみ(ハルリンドウのつぼみ)


スポンサーリンク

ハルリンドウ(リンドウ科)花期3~5月
分布 本州・四国・九州
湿った草地や湿原など、腰を降ろすのをためらうような湿り気のある場所に生える。
フデリンドウは単独で生えることが多いが、ハルリンドウは群生することが多い。
草の高さは15cmほどになる。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村