キバナノアマナの花を紹介しています。

キバナノアマナの花を初めて見た日

キバナノアマナの花を初めて見たのは、2017年3月18日で、場所は東京都八王子市の高尾山で見ることができた。

キバナノアマナの花(キバナノアマナの花 2021年3月18日撮影)

キバナノアマナの名前の由来

キバナノアマナの名前の由来は、花は黄色で、球根を似て食べると甘みがあることから甘菜(あまな)の名になったとされている。

キバナノアマナの花言葉

キバナノアマナの花言葉は、「運が向いてくる」

キバナノアマナの生えている場所

キバナノアマナが生えている場所は、自分が見た限りでは、川に近い日当たりのよい原っぱに群生して生えているのを確認することができた。

キバナノアマナを見た経験談

2021年3月18日に、再び東京都八王子市の高尾山のキバナノアマナの自生地を散策で訪れた。
この日は天気が晴れていて、風があまり無く穏やかであった。

やはり自分の読んでいた通り、好条件が重なり、キバナノアマナの花がちょうど見ごろを迎えていた。

(キバナノアマナの花 2021年3月18日撮影)

キバナノアマナの花を生で見ると、図鑑やインターネットに掲載されている花の写真よりかなり小さい
また、キバナノアマナの花は天気の晴れた日で暖かくないと花が開かない
これは、アマナ類の花に共通して言えることである。

キバナノアマナの花(キバナノアマナの花 2021年3月18日撮影)

葉っぱは粉をふったかのような緑白色をしている。

キバナノアマナの葉(キバナノアマナの葉)

キバナノアマナは国の絶滅危惧種に指定されていないが、地方自治体によっては絶滅危惧種に指定されているところもある。
自分がキバナノアマナを見た限りでは、株数はあまり多く無いように見受けられる

キバナノアマナの花がたくさん咲いていたので、被写体を選ぶのに迷うほど撮影しがいがあった。
このとき、キバナノアマナの花を目当てに植物愛好家が多く訪れていて、熱心に花を撮影していた。
無事キバナノアマナの花を撮影することができた。

キバナノアマナの花(キバナノアマナの花 2021年3月18日撮影)


スポンサーリンク

キバナノアマナ(ユリ科)花期3~5月
分布 北海道・本州(中部地方以北)・四国
日当たりのよい肥沃(ひよく)な場所に生える。
川のそば、田んぼの土手、林緑、ときには落葉樹の下など、
やわらかな土壌で、春先に充分日が当たればあまり場所を選ばない。
高さは20cmほどになり、10個前後の花を咲かせる。
花びらは6枚で鮮やかな黄色である。
雨の日などはつぼんだままで花が開かない。
花びらの裏側は茎や葉の色と同じ白っぽい緑色をしている。
線香花火を逆さにしたような姿は印象的である。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村