ヒメヤブランの花を紹介しています。

ヒメヤブランの花を初めて見た日

ヒメヤブランの花を初めて見たのは、2016年7月16日で、場所は東京都日野市・平山城址公園で見ることができた。

ヒメヤブランの花(ヒメヤブランの花 2021年7月6日撮影)

ヒメヤブランの名前の由来

ヒメヤブランの名前の由来は、葉っぱが同じ仲間のヤブランに似て、小さいことから名付けられた。
ちなみに植物名の頭に「ヒメ」と表記されるものは、大体小さいことを意味している。

ヒメヤブランの花言葉

ヒメヤブランの花言葉は、「新しい出会い」

ヒメヤブランの生えている場所

ヒメヤブランの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい草むらに群生して生えているのを確認することができた。

ヤブランとの違い

厄介なのが、名前が被っているヤブランに似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは草の高さ

  • ヤブラン 30~50cm
  • ヒメヤブラン 10~15cm

また花のつき方も違いがあり

ヤブランの花(参考 ヤブランの花)

ヒメヤブランの花(ヒメヤブランの花)

両者の違いは、草の高さや花のつき方を確認すれば、間違えることは無い。

ヤブランの記事はこちらからどうぞ

ヒメヤブランを見た経験談

2021年7月6日、東京都町田市・奈良ばい谷戸を散策していたとき、谷戸の登山道を登っていると、紫色の花がたくさん咲いているのが目に飛び込む。
近づいて見ると、ヒメヤブランの花が群落となって咲いていて、まさに見ごろを迎えていた。

ヒメヤブランの花(ヒメヤブランの花 2021年7月6日撮影)

ヒメヤブランの花は、ヤブランの花とは違い、まばらにつく
また紫色の小さい花は、とても可愛い印象を受けた。
さらに紫色の花であるからか、どこか渋い。

ヒメヤブランの花(ヒメヤブランの花 2021年7月6日撮影)

スズサイコの花を探しに、奈良ばい谷戸のお隣・神明(しんみょう)谷戸を散策していたときも、草むらにヒメヤブランの花を確認することができた。

ヒメヤブランの花(ヒメヤブランの花 2021年7月6日撮影)

ヒメヤブランの葉(ヒメヤブランの葉)


スポンサーリンク

ヒメヤブラン(ユリ科 APG分類ではキジカクシ科)花期7~9月
分布 日本全土
日当たりのよい草地などに生える小型の多年草。
葉は細い線形で、長さ10~20cm・幅2~3mm。
種子は直径4~6mm。
(山渓ハンディ図鑑 野に咲く花参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村