マメザクラの花を紹介しています。

マメザクラの花を初めて見た日

マメザクラの花を初めて見たのは、2022年5月3日で、場所は山梨県富士吉田市の杓子山で見ることができた。

マメザクラの花(マメザクラの花)

マメザクラの名前の由来

マメザクラの名前の由来は、花や葉っぱが小さく、小形であるところから名付けられたとされている。
別名のフジザクラは、富士山周辺に多く生えているところから由来している。

マメザクラの花言葉

マメザクラの花言葉は、「優れた美人」・「淡泊」・「純潔」

マメザクラの生えている場所

マメザクラの生えている場所は、自分が見た限りでは、山野の明るい場所に生えているのを確認することができた。

マメザクラを見た経験談

2022年5月3日、春の花を探しに山梨県富士吉田市の杓子山に登った。
杓子山の頂上を目指す途中、満開のサクラの花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、サクラの花にしては小ぶりであるところから、マメザクラの花とわかった。

マメザクラの花(マメザクラの花)

自分がマメザクラの花を見たとき、花のピークが過ぎていて、散っている花を多く見かけた。
マメザクラの花は、自分の住んでいる川崎市で、ソメイヨシノが葉桜になったとき、標高1000m以上の山地でやっと咲きだす

マメザクラは、ソメイヨシノのように桜並木にならず、点々と生えている
また、フォッサマグナ(中央構造帯)地域に生える固有の植物である。

初めてマメザクラの花を見たとき、少し見とれてしまった。
マメザクラの花を撮影したとき、登山道がかなり狭く、急な斜面に生えていたので、思うように撮影することができなかった。

ただ、5月のゴールデンウィークにサクラの花を見るのは、いいものだと感じた
無事マメザクラの花を撮影することができた。

マメザクラの木の全体像(マメザクラの木の全体像)


スポンサーリンク

マメザクラ(バラ科)花期3~5月
分布 本州(関東・中部地方)
低山の丘陵地から亜高山帯まで、垂直分布の幅が広い。
高さは5mほどになり、標高の高い場所では盆栽状の樹形となる。
花は下向きに咲き、直径2cmほど。
花柄(かへい)には斜上する毛が生える。
ちなみに花柄とは、花を支える茎の部分をいう。
葉は花が咲くころに展開する。
他のサクラ類と比べると小さく、長さは4cmほど、先端は尾状に長く伸び両面とも伏毛(ふくもう)が生える。
ちなみに伏毛とは、表面の沿って寝ている毛をいう。
(山渓フィールドブックス 樹木春夏編参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村