オオバオオヤマレンゲの花を紹介しています。

オオバオオヤマレンゲの花を初めて見た日

オオバオオヤマレンゲの花を初めて見たのは、2022年5月28日で、場所は東京都町田市の薬師池公園で見ることができた。

オオバオオヤマレンゲの花(オオバオオヤマレンゲの花)

オオバオオヤマレンゲの名前の由来

オオバオオヤマレンゲの名前の由来は、まずオオヤマレンゲについては、大山(奈良県・大峰山脈)に自生して咲く、白いハスのような花であるところ名付けられたとされている。

オオバはおそらく、オオヤマレンゲの葉っぱより大きいという意味で名付けたと考えられる。

オオバオオヤマレンゲの植えられている場所

オオバオオヤマレンゲの植えられている場所は、自分が見た限りでは、公園に植えられているのを確認することができた。

オオヤマレンゲとの違い

厄介なのが、同じ仲間のオオヤマレンゲと花がかなり似ていて判別に迷ってしまう。
違いは花の葯の色で、オオヤマレンゲは葯の色がオレンジ色であるのに対して、オオバオオヤマレンゲは赤色である。

ちなみにとは雄しべの先の花粉が入った袋をいう。

また生えている場所にも違いがあり、オオヤマレンゲは日本に自生しているのに対して、オオバオオヤマレンゲは中国原産である。

オオバオオヤマレンゲを見た経験談

2022年5月20日に、自分が見ている花ブログで、東京都八王子市の高尾付近に、オオバオオヤマレンゲの花が咲いている写真が掲載されていた。

もしかしたら、東京都調布市の神代植物公園もオオバオオヤマレンゲの花が開花したと思い、電話で問い合わせをすると、スタッフから「まだつぼみの状態である」と回答を受けた。

自宅近くにオオバオオヤマレンゲの花があるか、インターネットで調べると、東京都町田市の薬師池公園に植えられていることがわかり、現地に向かった。

現地に着いて、インターネットで薬師池公園のオオバオオヤマレンゲが植えられている場所が細かく掲載された記事を手がかりに、公園内の万葉草花苑を入った奥の階段の手前に大きな白色の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、オオバオオヤマレンゲの花が1輪咲いていた。

オオバオオヤマレンゲの花(オオバオオヤマレンゲの花)

オオバオオヤマレンゲの花を初めて見たとき、自分が見ている花ブログでは、オオバオオヤマレンゲの花が「森の貴婦人」と例えられていた。
実際にオオバオオヤマレンゲの花を生で見ると、「森の貴婦人」と言える以上に上品であった。
オオバオオヤマレンゲの木を見ると、花は1輪しか咲いておらず、他はつぼみであった。

オオバオオヤマレンゲのつぼみ(オオバオオヤマレンゲの花のつぼみ)

オオバオオヤマレンゲの花を撮影したときは、朝9時前に気温が25度近くあり、太陽がまぶしくて、暑さに苦労した。
ただオオバオオヤマレンゲの花は、初夏の陽気にピッタリな花だと感じた。
無事オオバオオヤマレンゲの花を撮影することができた。

オオバオオヤマレンゲの花(オオバオオヤマレンゲの花)

オオバオオヤマレンゲの葉(オオバオオヤマレンゲの葉)


スポンサーリンク

オオバオオヤマレンゲ(モクレン科)花期5~7月
中国・朝鮮半島原産
雄しべの葯は赤紫色
八重咲きの園芸品をミチコレンゲという。
(山渓ハンディ図鑑 樹に咲く花 離弁花1参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村