モクレンの花を紹介しています。

モクレンの花を初めて見た日

モクレンの花を初めて見たのは、2016年3月25日で、場所は神奈川県川崎市中原区・中原ゴルフガーデン・駐車場で見ることができた。

モクレンの花(モクレンの花 2022年3月16日撮影)

モクレンの名前の由来

モクレンの名前の由来は、漢名から木蘭(もくらん)と呼ばれていた。
しかし、花の姿がランより蓮(はす)に似ているところから、モクレンになったとされている。

また学名であるマグノリア(Magnolia)とは、フランスの植物学者Pierre Magnol(ピエール・マニョル)の名前に因む
別名 シモクレン紫色を意味する。

モクレンの花言葉

モクレンの花言葉は、「自然への愛」・「崇高」・「高潔な心」・「持続性」

モクレンの植えられている場所

モクレンの植えられている場所は、自分が見た限りでは、庭木公園に植えられているのを確認することができた。

ハクモクレンとの違い

名前が被っている同じ仲間のハクモクレンと明らかに違う。

違いは花の色

  • ハクモクレン 白色
  • モクレン 紫色

ハクモクレンの花(参考 ハクモクレンの花)

モクレンの花(モクレンの花)

両者の違いは、花の色を確認すれば、間違えることは無い。

モクレンを見た経験談

2022年3月16日、自転車で買い物に向かっている途中、川崎市中原区・中原ゴルフガーデンに差し掛かる。
敷地内の駐車場に、紫色の大きな花が、木全体に咲いているのが目に飛び込む。
近づいて見ると、モクレンの花が咲き始めであった。

モクレンの花(モクレンの花 2022年3月16日撮影)

モクレンは紫色の花で、名前がわからなくても、花が直径10cmぐらいと大きいことから、かなり目立つ。
またモクレンの濃い紫色の花は、春の季節感にマッチしている

モクレンの花が咲いていたとき、どんより曇り空で、満足のいく被写体を撮影することが出来ず、悔しい思いをする。
今後の宿題として、モクレンの花や木の全体像を撮影するである。

モクレンの花(モクレンの花 2022年3月16日撮影)


スポンサーリンク

モクレン(モクレン科)花期3~4月
中国原産
落葉低木また小高木。
樹皮は灰白色で、滑らか。
花芽は大きく、中央部から上が急に細くなり、毛に覆われている。
葉は互生で、長さ8~20cm、幅4~10cmの倒卵形で、全縁。
葉の先端は急にとがる。
葉の柄は長さ1~1.5cm。
花は葉の展開と同時に紅紫色の花を開く。
花はあまり開かない。
(山渓ハンディ図鑑 樹に咲く花 離弁花1参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村