オオキバナカタバミの花を紹介しています。

オオキバナカタバミの花を初めて見た日

オオキバナカタバミの花を初めて見たのは、2022年3月12日で、場所は神奈川県川崎市中原区の江川せせらぎ遊歩道で見ることができた。

オオキバナカタバミの花(オオキバナカタバミの花)

オオキバナカタバミの名前の由来

オオキバナカタバミの名前の由来は、同じ仲間のカタバミより花が大きく、花の色が黄色であるところから名付けられたとされている。

オオキバナカタバミの生えている場所

オオキバナカタバミの生えている場所は、自分が見た限りでは、園芸として民家の庭遊歩道に植えられているが、種が逃げて野生化して生えているものも確認している。

オオキバナカタバミを見た経験談

オオキバナカタバミの花は初めて見た日より以前に見ている。
ただそのときは花の名前が全くわからかった。

2022年2月に自分の見ている花ブログで、「オオキバナカタバミ」という花の名前であることがわかった。
早速オオキバナカタバミの花が咲いている自宅近くの江川せせらぎ遊歩道に向かうことにする。

買い物の帰り道に現地に着くと、オオキバナカタバミの花は遊歩道の外から咲いているのはすぐにわかったが、花が遊歩道側に向いて咲いている株が無く、ほとんど道路側に咲いていた。

自動車や自転車があまり通らない場所を選んで、撮影しやすいオオキバナカタバミの花を探すと、鮮やかな黄色の花がたくさん咲いているのが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、オオキバナカタバミの花がたくさん咲いているのを確認することができた。

オオキバナカタバミの花(オオキバナカタバミの花)

オオキバナカタバミの花が咲いていたときは、3月の陽気にしては初夏の陽気であったので、花が一斉に開いていた。
ただ天気が悪い日冬の晴れて寒い日には、オオキバナカタバミの花は開かない。
これはオオキバナカタバミの仲間のカタバミ科全般に言えることである。

さらに自分の所有している図鑑(帰化&外来植物見分け方マニュアル950種 秀和システム)にはオオキバナカタバミの花の時期が3~5月と掲載されているが、川崎市では10月の半ばまで花が咲き続けている。

鮮やかな黄色の花が春の陽気にマッチしていて、とても綺麗であった。
オオキバナカタバミの花がたくさん咲いていたので、やっと花の名前がわかったことで頭の中がスッキリして撮影にのぞむことができた。
無事オオキバナカタバミの花を撮影することができた。

オオキバナカタバミの花オオキバナカタバミの花(上の2点ともオオキバナカタバミの花)

オオキバナカタバミの葉(オオキバナカタバミの葉)


スポンサーリンク

オオキバナカタバミ(カタバミ科)花期3~5月
南アフリカ原産
花びらの1枚1枚が大きいため、重なり合い、全体として丸みを帯びる。
雄しべはオレンジ色。
花の中心部は緑色になる。
ハートの形をした葉、先端がきつくへこみ、葉の表面には暗い紫色のそばかすが浮かぶ。
園芸種として明治時代中期に導入され、日本全国の庭先や町の植え込みで栽培される。
近年の野生化が著しく、ひとたびはびこると駆除が困難である。
地上部だけを草刈りするとすぐに再生する。
花言葉は「輝く心」や「母の優しさ」・「決してあなたを捨てません」・「喜び」
(帰化&外来植物見分け方マニュアル950種 秀和システム参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村