オウバイの花オウバイモドキとの違いを紹介しています。

オウバイの花を初めて見た日

オウバイの花を初めて見たのは、2023年2月23日に、東京都小平市・東京都薬用植物園で見ることができた。

オウバイの花(オウバイの花)

オウバイの名前の由来

オウバイの名前の由来は、黄色い花ウメの花に似ているところから名付けられた。
中国では、旧正月(2月)のころに咲き出すので、迎春花(げいしゅんか)と呼ばれている。

オウバイの花言葉

オウバイの花言葉は、「期待」・「控えめな美」・「恩恵」

オウバイの植えられている場所

オウバイの植えられている場所は、自分が見た限りでは、植物園で見ることができた。

オウバイモドキとの違い

厄介なのが、オウバイモドキの花が似ていて、判別するのが難しいと感じる。

違いは葉っぱの有無

  • オウバイモドキ 1年中葉っぱがある
  • オウバイ 花が咲いているとき、葉っぱが出ていない

オウバイモドキの花(参考 オウバイモドキの花)

オウバイの花(オウバイの花)

両者の違いは、花の咲く時期に、葉っぱの有無を確認すれば、間違えることは無い。

オウバイモドキの記事はこちらからどうぞ

オウバイを見た経験談

オウバイの花を知ったのは、2018年2月に、自分が見ている花ブログである。
その後、オウバイの花を見る機会が訪れなかった。

2023年2月、自分が見ている花ブログに、東京都小平市・東京都薬用植物園オウバイの花が記事に紹介されていて、現地に向かう。

東京都薬用植物園に着いて、入口を入って左側に、黄色の花が2株咲いているのが目に飛び込む。
近づいてみると、オウバイの花が満開であった。

オウバイの花(オウバイの花)

オウバイの花を見たとき、名前の由来のとおり、本当に黄色いウメの形をした花であることに納得してしまう。
また、パッと見て、オウバイモドキの花より、1回り小さいと感じた。

オウバイの花(オウバイの花)

早春の花が少ない時期に、オウバイの黄色の花は、よく目立つ
また花びらは5~6枚に構成されている。

オウバイの木の高さは、30cmぐらいと、オウバイモドキより、半分以下であった。

オウバイの木の全体像(オウバイの木の全体像)

オウバイの花がちょうど見ごろであり、花の向きを考慮して撮影することができた。

オウバイの花(オウバイの花)


オウバイ(モクセイ科)花期2~4月
中国原産
日本には17世紀に渡来した。
落葉小低木。
枝は緑色で4稜があり、つる状に伸びて垂れ下がり、地面についたところから根を出す。
葉は対生・3出複葉。
1番上の葉はやや大きく、長さ2~4cm、幅8~13mmの長楕円形。
深緑色で、上部のふちには短い剛毛がある。
直径2~2.5cmの黄色の花を開く。
(山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村