シロバナノヘビイチゴの花を紹介しています。

シロバナノヘビイチゴの花を初めて見た日

シロバナノヘビイチゴの花を初めて見たのは、2022年5月15日で、場所は山梨県富士吉田市の梨ケ原で見ることができた。

シロバナヘビイチゴの花(シロバナノヘビイチゴの花)

シロバナヘビイチゴの名前の由来

シロバナノヘビイチゴの名前の由来は、同じ仲間のヘビイチゴ白花であるところから名付けられたとされている。

シロバナノヘビイチゴの生えている場所

シロバナノヘビイチゴが生えている場所は、自分が見た限りでは、標高1000mぐらいの林の下に群生して生えているのを確認することができた。

ヘビイチゴとの違い

名前が被っている同じ仲間のヘビイチゴとは明らかに違う。
まずは花の色で、ヘビイチゴは黄色であるのに対して、シロバナノヘビイチゴは名前の由来の通り、白色である。
またヘビイチゴの花は春本番に咲くのに対して、シロバナノヘビイチゴは初夏に花が咲く。

シロバナヘビイチゴを見た経験談

2022年5月15日に、春の花を探しに山梨県富士吉田市の梨ケ原を訪れた。
梨ケ原の林の下を歩いていると、ヘビイチゴの花に似た白い花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、シロバナノヘビイチゴの花がちょうど咲き始めであった。

シロバナノヘビイチゴの花(シロバナノヘビイチゴの花)

初めてシロバナノヘビイチゴの花を見たときは、ヘビイチゴの花を本当に白色にした花だと感じた。
またシロバナノヘビイチゴの花は「純白」と言えるほど、白色で綺麗であった。
さらに群生してシロバナノヘビイチゴの花が咲いていたので、白いじゅうたんに近い状態であった。

シロバナヘビイチゴの花がたくさん咲いていたので、被写体に困ることは無かった。
しかし白色の花なので、撮影するのに手間取ってしまった。

無事シロバナノヘビイチゴの花を撮影することができた。

シロバナノヘビイチゴの花シロバナノヘビイチゴの花(上の2点ともシロバナノヘビイチゴの花)

シロバナノヘビイチゴの葉(シロバナノヘビイチゴの葉)


スポンサーリンク

シロバナノヘビイチゴ(バラ科)花期5~7月
分布 本州・九州(屋久島)
食用にするイチゴの原種。
熟した実は小さいが美味しい。
日当たりのよい山の草原や沢の礫地(れきち)などに生え、高さは20cmほどになる。
葉に特徴があり、定規で線を引いたような規則正しい葉の脈がよく目立つ。
花びらは5枚で構成される。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村