タカアザミの花を紹介しています。

タカアザミの花を初めて見た日

タカアザミの花を初めて見たのは、2021年10月18日で、場所は埼玉県さいたま市桜区の田島ヶ原で見ることができた。

タカアザミの花(タカアザミの花)

タカアザミの名前の由来

タカアザミの名前の由来は、花の柄が長く上へ高く伸び上がっているところから名付けられたとされている。

タカアザミの花言葉

タカアザミの花言葉は、「触れないで」

タカアザミの生えている場所

タカアザミの生えている場所は、自分が見た限りでは、川の近くの湿った原っぱに生えているのを確認することができた。

タカアザミを見た経験談

2021年10月18日、サデクサの花を目当てに、埼玉県さいたま市桜区の田島ヶ原を訪れた。
サデクサの花を見つけることができなかったので、田島ヶ原を散策することにした。

田島ヶ原を散策していると、草の高さが2mぐらいあって、全体がガッシリした立派なアザミが目に飛び込んできた。
見たことが無いアザミ類で、田島ヶ原の花を掲載しているサイトに、タカアザミが掲載されていたので、タカアザミとわかった。

タカアザミの花(タカアザミの花)

タカアザミの全体像(タカアザミの全体像)

自分が今まで見てきたアザミの花と特徴が違い、下向きに花が咲いていて、カアザミの花1つ1つが本当に大きいことにビックリした

タカアザミの花(タカアザミの花)

秋本番になると、アザミの花は数多く存在しているため、判別が難しい
しかし、タカアザミは草の高さが2mぐらいあり、川の近くの湿った原っぱにしか生えないので、判別するのは難しくない。

天気は晴れていたが、空気が寒い青空の下で、タカアザミのピンク色の花が映えていた。
無事タカアザミの花を撮影することができた。

タカアザミの花(タカアザミの花)

タカアザミの葉(タカアザミの葉)


スポンサーリンク


タカアザミ(キク科)花期8~10月
分布 北海道・本州(長野県以北)
河原や少し湿り気のある草地などに生える2年草。
北方系のアザミで、アジア東北部に広く分布する。
茎は角ばり、直径1cm以上ある。
根の葉や下部の葉は、花期には枯れて無くなる。
茎の葉は長さ15~25cmあり、羽状に深く裂ける。
裂片(れっぺん)は細くて5~6対ある。
ちなみに裂片とは、葉の切れ込みが入った部分をいう。
頂裂片は尾状に長くとがり、側裂片は間が広くあく。
花は紅紫色で直径2.5~3.5cmあり、長い柄の先に下向きにつく。
花冠(かかん)は長さ2cm。
ちなみに花冠とは、複数の花びらからなる、花の器官をいう。
総苞(そうほう)は卵球形。
ちなみに総苞とは、花全体を基部で包むうろこ状の集まりをいう。
総苞片(そうほうへん)は線形で8列に並び、外片はそり返る。
(山渓ハンディ図鑑 野に咲く花参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村